Number(ナンバー)882号 新日本プロレス、№1宣言。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))

  • 文藝春秋
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268550758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 14年ぶりらしいです、プロレスラーが表紙を飾るのは。というか、格闘家が表紙のNumber自体久しぶりですね。PRIDE・K-1全盛のころからもう10年近く経つわけですから。

    猪木が創り上げて、日本格闘技界の呪縛となった「プロレスラー最強論」。そこを下地に一世風靡した総合格闘技は、UFCのメジャー一極化となり、発祥であったプロレスは、マイナースポーツと落ち込んでいた00年代。
    そこから、再度立ち上がったのが、猪木の立ち上げた新日本プロレスという縁も、プロレスストーリー的かなぁ、と思ってしまいますね。

    その新日のメインが、表紙である棚橋弘至。
    彼の第一印象は、PRIDE幕間の猪木ビンタ。痴話喧嘩のスキャンダル後のあれです。どうでもいい話なんですけどね。

    クイズとランキングばかりのバラエティ。医者と警察だらけのドラマ。スポーツが減って久しい地上波テレビはつまらないですよ。

    ・・・そうはいっても、クイズは好き。
    ・・・CS加入してるから、地上波あんまり関係ない。

    でもさ、プロレス地上波でやろうぜ。見ようぜ。

  • プロレス特集か・・・・とちょっとがっかりモードで読み始めましたが

    意外に受け入れるものがありました。



    昔、失業時代に一時期深夜のプロレス放送を観ていたことがあって

    その時の知識で十分楽しめました。



    特に「教養としてのプロレス」の著者プチ鹿島氏仕切りの座談会はおもしろかった。

    今のプロレスも見たくなってしまいました。



    とりあえずG1クライマックスぐらいから見てみようかな。



    後は後半のなでしこ特集。

    感動をもう一度、という感じであらためてじんわりと読みました。

  • 何年ぶりかな。十数年ぶりくらいにナンバー買った。
    やっぱりプロレスは面白い!

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

Number(ナンバー)882号 新日本プロレス、№1宣言。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))はこんな雑誌です

ツイートする