暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】 (キャラ文庫) [Kindle]

著者 :
  • 徳間書店
3.88
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (278ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恐竜?BLなのに〜?
    食わず嫌いはいけません。

    あまり興味をそそられていませんでしたが、人気あるみたちだし、シリーズになってるしー、ってことで電子でまとめて購入。

    面白い!なぜ読んでなかったの自分!ですよ。
    暴君竜です。人間の方が価値観、常識が通じません。
    もふもふとかだと、ある程度人間の常識がまかり通る設定ですが、こちらは違いますね。
    生餌なんてバンバン出てくるし。愛妾とか、1号さん、2号さんとか、面白い。

  • -----
    この男の背後にある、巨大な恐竜の影は何なんだ…!? 通学途中に事故で死にかけた潤(じゅん)の命を救ったのは、野性味溢れる竜嵜可畏(りゅうざきかい)。なんと彼は、地上最強の肉食恐竜ティラノサウルスの遺伝子を継ぐ竜人だった!! 潤の美貌を気にいった可畏は「お前は俺の餌だ」と宣言!! 無理やり彼が生徒会長に君臨する高校に転校させられる。けれどそこは、様々な恐竜が跋扈する竜人専用の全寮制学院だった!?
    -----
    人外で恐竜、レビューを読んでも血の臭いがぷんぷんするし、これは鬼門だと避けていたんだけど、参考にしているレビュワーさんたちの評価が揃って高かったので、恐る恐る手に取ってみた。
    まさに暴君竜。初手から痛々しい割に、潤が、可畏の感情を感じるせいであまり可畏を恐れなかったり、痛い思いをしてもそれをひきずらなかったり、まあ現実にはあり得ないあっさり君だったせいで、さほどの衝撃を受けずに読めた。
    そこさえクリアしてしまうと、竜人という設定、世界観は割と面白く、そこに放り込まれた潤が、怯えたり萎縮したりせず、それなりに馴染んでいく様子も面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

『不夜城のシンデレラ』がホワイトハート初作品。
現代ものからファンタジーまで幅広いジャンルを書き分ける。
竹書房、プランタン出版などで活躍。

暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】 (キャラ文庫)のその他の作品

犬飼ののの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

暴君竜を飼いならせ【SS付き電子限定版】 (キャラ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする