はたらく細胞(1) (シリウスコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (5)
  • (10)
  • (14)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 108
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (177ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/07/14読了

  • 赤血球、白血球、血小板、&様々な細胞が場面に応じてよく働いてくれていることが分かりました。他の版も読もうと思います。

  • Kindle無料版にて。
    学習マンガか。
    なんだか小学生の頃読みあさった「○○のひみつ」的なのを思い出したな。
    非常に面白いが、説明が多くその分文字が小さくなるのでKindleでは読みづらかったな。
    まあ説明がないと全然わからないから必要なんだけど。
    バトルマンガでラブコメで学習マンガで非常によいと思います。
    学校の図書館に置くとよい。

  • ミクロなドラマ。引いては我々の日常もマクロな視点でみれば…、なんて考えさせられました。

  • 最近ハマって繰り返し読み返してしまう細胞の「擬人化」作品。主人公は白血球。ヒロインは赤血球。ウィルスは白血球が倒してるんだなぁ…酸素は赤血球が運んでるんだなぁ…という中学生の時に学んだ程度の理解を、しっかりと前に進めていける内容になっている。読者を低レベルに見過ぎず、かといって高レベルにもみなさずにちょうどよい視点が設定されていて読みやすい。ただの「萌え」擬人化ではない、これまでマンガの世界で蓄積されてきた擬人化技法が洗練されたといえる作品。ただの擬人化マンガとみなすのではなく、学習マンガの側面からも評価を期待したい良作。

  • 新しい切り口。
    赤血球さん がんばれー!

  • 一気に二巻まで読んでしまった。
    体の中が町みたいになっていて、世界観も面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

第27回少年シリウス新人賞大賞受賞後、「月刊少年シリウス」にて『はたらく細胞』を連載中。

はたらく細胞(1) (シリウスコミックス)のその他の作品

清水茜の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする