なるほどデザイン [Kindle]

著者 :
  • エムディエヌコーポレーション(MdN)
4.21
  • (20)
  • (19)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :163
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • デザインについて、網羅的に、また、写真や図を多用しながら紹介している本。
    とにかくわかりやすいし、さくっと読めるのでオススメ!

  • デザイナーってどうゆうこと考えてどこにこだわりをもっているのだろうと思い、読んでみた本。デザイナー向け本だけに理論と視覚を交互に表現する形式なっていて読みやすい。右脳向けのデザイン左脳向けのデザインがおもしろかった。

  • シンプルで分かりやすかった。
    どちらかが大事かか(シンプルに)、ターゲットは誰かを意識すれば、骨格が決まるので、後は足し引きをして細部を見ていく、
    資料作りにも当てはまるが伝えたいことにフォーカスしたデザインが大切。

    色合いが電子書籍だと分からなかったので、電子書籍向きではない。

  • プレゼンがあったので読んで見ました。"コロンやハイフンはベースラインをあげる"など参考にさせてもらった部分はあるものの、今回は中身が全く伴ってなかったと思います。こういう美しい見た目作りも大事ですが、中身が伴ってないと"どこに時間かけてんだ"と怒られそうです。

    先日のプレゼンで一区切りになってしまいましたが、悔しいので、うまくいかなかった中身の取り組みは続けよと思います。

  • デザインのTipsが実例とともに載っていてすごく見やすい & わかりやすい。

    非デザイナーとしては、「ちょっと困ったな...」という時に読み返すとすごくタメになりそう。

  • プレゼンのコツとしても使える
    視覚で理解できて実用的

  • 買うなら、書籍の方が良い。
    書籍で読むとよりこの書籍の良さが引き出され出るのではと思う。

    どういう風にデザインができていくのかを楽しく学べる本です。

  • わかりやすいデザインの本

  • ≪デザインには「何をどこにどうやって置くか」という問いに対して絶対的な正解がない。 (P12)≫

    「デザインとは?」という問いへの答えを、ビジュアルやわかりやすい言い回しで見せてくれる本。
    デザインの仕事をしている人はもちろん、デザインの仕事をしている人以外にも、役立つ本だと思います。
    「こういう場合にはこのグラフがよい」等と例示している章(デザインの素・5「グラフとチャート」)は、ビジネスマンの資料作りにも役立ちそうです。
    (ちなみに自分は、「デザイナーではないけど、デザインや、製作等に絡んでる」ってかんじの立場です)

    そして、「デザイナーの7つ道具」がわかりやすかった。
    デザインのような、正解がない分野のことなので、「なにを道しるべ、自分のモノサシとするか」を指し示してくれるのはありがたいなと思います。

    ≪「タイトル」らしさとは「主役感」である。「リード」らしさとは「イントロ感」である。「本文」らしさとは「下地感」である。≫

    このあたりの文章の「言い切り感」は、まさに「なるほど」と、納得させられるものでした。

  • デザインの基本にエッセンスがギュッと詰まった一冊。ビジュアルで簡潔に、そしてわかりやすく。すばらしい。

全14件中 1 - 10件を表示

なるほどデザインのその他の作品

筒井美希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

なるほどデザインはこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

なるほどデザインを本棚に登録しているひと

ツイートする