こうすれば必ず人は動く [Kindle]

  • きこ書房
4.17
  • (38)
  • (29)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 294
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (251ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は「リーダーの心構え」を”全て” 知ることが出来ます。
    リーダーに限らず人として備えておくと、人としての価値の最大化も期待されます。

    こちらの本ではほとんど実例を取り上げてからノウハウというような流れになっているので、今の自分と重ね合わせながら重要なポイントや改善点を見出すことができます。

    「人を動かす」人間になるためにはまずは自分が変わること。単純ですがその重要性を理解している人はかなり少ないと思います。以前の私がそうでした。。。

    誰にでも自信を持って薦められる宝の本です。

  • 伝説のラジオを文章に起こしたもの。とてもわかりやすい事例で納得できる。出来るかと言われたら、ちょっとわからない(笑)
    目標にしたい。子供への接し方はとても実践しやすいと思う。
    人を褒めること、自分の中にも褒められる力(人が求めるものを与えられる脳力)があると信じることが大切なのかなと思った。

    【瞬読 8325文字/分 17%】
    相手の間違いを批判しない。指摘しない
    裁かれたくなければ裁かない
    間違っていたら、素直に謝る
    自分がしてほしいことを相手にする
    相手の立場に立って考える。振る舞う
    対人への恐怖→自分に自信を持つ。勇気を持って強い人間だと思う。他人はそれほど自分を見ていないと悟ること。
    相手に興味を持つ。人は自分のことなら何時間でも語ってくれる。
    なんらかの変化を要請する場合、協力したいと思われるように、その人自身が間違いに気づくようにする。
    【瞬読 7400文字/分 37%】
    子供に小言を言いたくなったら、大人のようには考えられないと寛容な心を持つ
    自然の中で触れ合うのも大切
    子供の心で一緒に遊んでみる
    親しくなりたい相手(会社などでは取引先)の問題、悩みを解決出来るような援助をする
    人は自分の問題を解決することに興味がある→自分の興味のあることについて、問題提起や相談を受けることは快感
    好感を持たれたければ、こざっぱりとした印象のにんげんになる(清潔できちんとした格好)
    人に興味を持って欲しかったら、こちらから興味を持ち、自分のことを語るのをやめる。マウンティングをやめる

    【200126:瞬読 8100文字/分】
    相手に何かしてもらったら、礼を尽くす(お礼の手紙など)
    自分がやってほしいことを相手はやってくれるという信頼を寄せ、相手に敬意を払う
    相手の名誉となるような期待をかける
    世の中になにが与えられるかを考えてみる。自分の中に人が求めるものがないか、それを発見して誰よりも応えていく。
    人を指導すること難しくない→その人が持っている脳力に対して心から敬意を表す

    【200127:瞬読 8325文字/分】
    人に好かれたいなら笑顔で
    真価を発揮したいという欲求に訴えかける

    良いところ→欠点の順に話を進める
    批判するまえに褒める
    人は皆、自分が重要な人物であるという認識が欲しい
    人に重要感を与える
    自分の1日を計ってみる→できる時間から少し減らしてやってみる。締め切りを設ける→時間を無駄にしなくなる
    言いやすい事、その人に役立つ話題のあと、言いづらい話をする
    不幸は自分が感じる心
    人の名前を覚える方法
    ①名前を覚えたいと心底思う
    ②はっきり聞き取る
    ③連想で、覚える
    ④名前と外見を結びつける
    ⑤反復する

  • 古い話なのだか、今でも通じる現実であり真髄である。

    身近な人を幸せにする、多くの人を導く、さまざまな期待、さまざまな立場に通じる教えがある。

    わかっていることが多いでしょう。
    でもできないことも多いでしょう。
    工夫の仕方がわかるエピソードに出会えるのかもしれません。

    人とのつきあい方に悩んでいる方にとって良書だと思います。

  • やり方は単純に感じたけど、実践するにはそれなりの勇気が必要。チャレンジしたい

  • スラスラと読み進めることができた。

    自分がまだまだ未熟者だからなのか、「成功のノウハウ」を心から実践することは難しそう。喜怒哀楽という感情をコントロールする訳だし、実践したとしても状況によってはストレスが溜まるだけなのでは。

    どんな自己啓発本を読んでも、「自分が変わらなければ何も変わらないし、何も変えられない」という結論にたどり着く。

  • 出来て当たり前のことばかりで特に学びはなかった

  • バイブルと言える一冊。人を動かすのではないという点がなるほどと思う。瑣末なことに不機嫌になり、台無しにしてしまうことが多くある。自分に目を向けてほしいからか、自分の思うとおりに相手を動かしたいと思ってるからかはわからないが、無益なことをやっているなと感じた。相手にわかってほしい、思い通りになってほしいと思うことが多い。無意識に。相手は期待とおりには動かない、自分が相手の立場を考えて、相手に興味を示して心から行動できる時に初めて相手は自分のために動いてくれるのだろう。頭では分かっている。それを実行することが、いかに難しいか。上司も、妻も、子供たちも、みんな自分のことをわかってよ、わかってほしいと嘆いて自分から離れてしまう。そもそも自分は相手をわかろうとしたのか、知ろうとしたのか。押し付けではなく本当の意味で、相手の立場を考えて動いたのか。できてる気がしない。生きるのは難しい。聖人君子ではない。少しずつ、相手に期待しないことはできるようになってきた。自分自身にも期待しないことができるようになってきてはいる。なんかよくわからないけど、余生を大切に生きること。感謝して。それくらいならできそうな気がする。必ず人が動くかどうかなんてわからない。人は動かせないから。期待しないで、でも相手のことを少しでも考えていきていきたい。

  • 「取引をしようと思うなら相手特有の問題がなんであるかを発見し、相手がそれを解決できるよう、援助を提供すること」
    取引というと少しヤラシイ感じがありますが人間関係とかコミュニケーションということなんですよね。
    人間関係上手くやろうと思ったらお困り事を見つけてお助けするんが近道なんですよね。
    それが巡り巡って帰ってくるってことなんですよ。

    「ビジネスで成功を収めるためには、友を作り人を動かす脳力のほうが、高度な知識よりも6倍近くも重要」
    人を動かす脳力つまり「リーダーシップ」の脳力に対して高い給料が出るんですよね。
    昨日も話題になりましたが部下を上手く動かせるからこそ出世していくんですよね。
    いかに人の協力を得るかという観点は部下の協力をいかに得るかということと同じなんですよね。

    「相手の名誉となるような期待をかけてあげること。あなたが相手にしてもらいたいと思う行為を、その人はすることができるのだと信じてあげること」
    これがリーダーシップの要諦かもしれません。
    信じるからこそ動いてもらえるんですよね。

    部下とうまくやっていくコツ
    ルール1 微笑むこと
    ルール2 相手の願望や希望を考えること
    ルール3 ありがとうということ
    ルール4 自己憐憫に陥らないこと
    ルール5 自画自賛しないこと
    ルール6 自己蔑視しない
    これを守れるよう頑張ってみます。

    大成功する具体的なコツとして
    名前を覚えることに最大限の関心を持つ
    ルール1 名前を覚えたいと心から願う
    ルール2 はっきり聞き取る
    ルール3 連想する
    ルール4 反復
    簡単にできそうでなかなかできてません。
    頑張ってみようと思います。

  • 論理的に話せば話すほど心が離れる理由は、打ち負かされた感を相手に味合わせているから。この体験がそのメンバー間の未来の協力が損なわれてしまう。

    このような話を事例交えて解説してる。

  • 実際の体験談をもとに、
    ラジオを聴いているかのごとく、
    なるほどなぁとわかりやすかった
    つかえるなーと思った
    全部頭にはいったわけじゃない
    また読もう!!

全33件中 1 - 10件を表示

こうすれば必ず人は動くのその他の作品

こうすれば必ず人は動く 単行本 こうすれば必ず人は動く デール・カーネギー
こうすれば必ず人は動く Audible版 こうすれば必ず人は動く デール・カーネギー
こうすれば必ず人は動く(文庫) ペーパーバック こうすれば必ず人は動く(文庫) デール・カーネギー

デール・カーネギーの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

こうすれば必ず人は動くを本棚に登録しているひと

ツイートする