こうすれば必ず人は動く [Kindle]

  • きこ書房
4.18
  • (35)
  • (27)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (251ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなりたくさんの教訓がFromToの事例で紹介されていて面白い。必ずしも そんなに上手くは行かないとは思うが試してみる価値はありそう。
    目先の解決や成果や感情に囚われず長期的な利益や成功を見据えて今の行動を決める事が大切。

  • Prime Readingで会員は無料だったのでダウンロードして読んだ。
    ビジネス本の古典のような本なのだが、当時のラジオ講座が元になっており、ミニドラマ仕立てのやり取りの中に、教訓を織り交ぜられて説明されており、わかりやすかった。
    22の成功ノウハウも、そんな難しいことではなく、日頃から心がけられそうなものも多い。
    結局のところ、人に動いてもらおうと思ったら、その人のことをちゃんと理解し、尊重して、信じることが大事であるということをあらためて認識できた。
    あと、自分のことは自慢は、その場で自分の優越感に浸れるだけで、人を動かすには妨げにしかならないし、自分がすごいかどうかは、相手が評価することであるということも理解できた。

  • 人を動かすのライブ版、という形の内容。人を動かすの内容を寸劇で再現、みたいな感じなんだけど、この形式の方が頭に入りやすいなぁ、という印象。なんによせ相手に関心を持つこと、というのは非常に大切だよな、と改めて思ったり。まぁ、自分に関心を持ってくれる人が少ないと、エネルギーが注入されず、人に関心を持つのが、なかなかに難しいわけだけ。周りに依存せずに自発的にエネルギーを増やす仕組み(物語に触れる等)を考える事も良さそうだな、とそんなことを考えた。

  • デール・カーネギーの他の本を読んでないのだが、これは寸劇風にそれぞれのポイントがまとめられていて、非常にぐっとくるわかりやすさだった。

    ただし、本当にこんなにうまくいくかなあというのもある。だって、人はやり方を変えるのが一番難しいんだもん。それぞれの成功者のすごいところは、カーネギーのアドバイスを素直に飲み込んで、実践に移しているところだと思う。なかなか自分を変えて思いきれない。

    自分がどう扱われたいかを考えて、相手に対するというのはCSの基本だと思うけど、何回もこれが出てくるあたりは、人間はすぐに自分基準になってしまうということなのだろうな。

    とても読みやすいので、分厚い本が苦手な人にもおすすめ。

    約2時間20分で読了。

  • 「成功ノウハウ」として22の事例とキーワードを紹介している。どれも当たり前のようなことばかりだが、自分に置き換えて考えた場合、どれだけ実施できていることだろうか。
    22のキーワードだけでもハイライトしておき自分への振り返りとしておきたい。

  • こういう自己啓発の本はたまに読んで襟を正すのが丁度良い。

こうすれば必ず人は動くのその他の作品

こうすれば必ず人は動く 単行本 こうすれば必ず人は動く デール・カーネギー
こうすれば必ず人は動く Audible版 こうすれば必ず人は動く デール・カーネギー
こうすれば必ず人は動く(文庫) 文庫 こうすれば必ず人は動く(文庫) デール・カーネギー

デール・カーネギーの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする