ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(初回限定版) [DVD]

監督 : フランシス・ローレンス 
出演 : ジェニファー・ローレンス  ジョシュ・ハッチャーソン  リアム・ヘムズワース  ウディ・ハレルソン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2015年10月23日発売)
2.96
  • (4)
  • (8)
  • (29)
  • (14)
  • (2)
  • 本棚登録 :112
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462096951

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなったときは悲しかったけど、これは撮り終えてたんですね。よかった~。

    「ハンガー・ゲーム」自体が行われず、管理社会への反乱を描く、ただの(?)革命映画となってしまったことには、当然賛否両論あるでしょう。でも、子どもがゲームに参加するだけの話が、こういう壮大なストーリーに展開していくのは頼もしい限り。

    ジェニファー・ローレンスが一気に大人になり美しくなっているのも、前作を上回る美点の一つです。

    ただようやく反乱に立ち上がった彼女だが、彼女は反乱軍の指導者のいうがままで「革命のシンボル」を演ずる羽目になり、ここでも「大人の言いなり」感が出てしまっているところが、面白くもあり、苛立たしくもあるところ。次の最終作で、まわりのあらゆる大人の鼻をあかしてくれるのを期待したい。

    「ハンガー・ゲーム」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B0083Z0V9Y

    「ハンガー・ゲーム2」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B00FVJ8LSI

  • 1から観てますが毎度面白いです。
    2はちょっと失速感あったんですけどね。

    ローレンス演じる主人公のカットニス、
    これがもう堪らないんだよなぁ。

    その辺の細いだけの女優とちがって
    肉感がいかにも動けそう、戦えそう、強そう、という良い印象がある上に
    そしてあの目が凄い好き。
    強い意志を感じるあのまなざしというか。

    役柄も、なんていうかね
    ストーリー上反乱軍のシンボルとして戦わなきゃいけないのだけれど
    それをする事で出てしまう犠牲の事をどうしても考えずには居られなくて
    終始苦悩に満ちてるんだけど、

    だけど!

    やるときゃやるのよおおおおお


    っていうね。


    でもまさか、ピーター好きになってるとは思わなかった。
    本人も気づいてないみたいだったから観客もそう思うと思うけどw


    この映画、アメリカでは超ヒットしていて
    スターウォーズ並の観客動員数出してるんだよね。
    でもなぜか日本ではいまいち、、、


    まぁストーリーは割とありがちなんだよね。
    そもそも1はバトルロワイヤルのぱくりと言われているし。
    まぁ不条理設定に若者集めて殺し合いさせるところなんかはそのもの。

    2でようやくその不条理な世界を壊そうという動きが見え始めて

    3では実際に反乱軍として動き出す、

    という流れ。
    そこまで新しくもなんともないアイディアではあるんだけど
    ここまでヒットしたのにはやっぱり俳優陣の力が大きかったと思う。

    特にほんとローレンスがハマり役で!

    音楽やBGM、戦う象徴やサイン、
    そういう雰囲気作りは上手いなぁと思う作品。
    いかにも中二病というかw

    元々人気小説が原作だから、そうなるのかも。

    とにかく、カットニス演じるローレンスに痺れる映画なのです@w@!


    今年の11月についに4完結で上映するので
    4は映画館に行けたら良いなぁとぼんやり思ってる。
    ただ健蔵の仕事が年末に向けて忙しくなってきてる時期なのでどうなることやら。


    彼女観たさにハンガーゲーム観てる人も少なくないと思うわ。
    もちろん私もその一人@w@

  • ネットで視聴(英語字幕)

    原題:The Hunger Games: Mockingjay - Part 1

    政府軍と反乱軍の戦い。
    主人公はPR戦略の要として大活躍。

    2作目以降の監督は、キアヌ・リーブスの「コンスタンティン」のフランシス・ローレンス。
    あの映画は傑作だったと思うが、こちらのシリーズ、もうちょっと面白くできそうな気がするのに、なんか今一歩足りない。
    キャストもそれなりに豪華だし、印象的なキャラも結構そろっているのに。
    脚本が悪いのか、監督が悪いのか。

  • ザ・つなぎムービー。
    シリアスな表情のジェニファーも大好きです。
    ピーターが小田和正みたいになってた。

  • やっと終わりかと思ったらまだだった。
    独裁者を倒したら地域ごとに内戦起こるんじゃないだろうか。

  • 前作を結構前に見たので忘れてしまったのもあるんだけど、冒頭が前作からの完全なる続きからなので理解するのに時間がかかった。
    「ハンガーゲーム記念大会の裏で反乱軍が動いていた。カットニスによってゲームが強制中断されると、彼女は反乱軍に助け出されるが、ピータは政府側の人質になってしまう。反乱軍はかつてキャピタルに滅ぼされたとされていた、13地区の地下深くに潜んでいた。スノウに故郷を焼き払われた12地区の人々は、13地区へと逃げ延びた。」
    って言うのを踏まえて見始めてね!

  • タイトルにfinalって入ってるから遂に完結かと思ってたら、まだ続くのか。今回はゲームの話はなくて、ほぼ反乱と革命の話。次回作早く見たいけど、公開の頃には忘れちゃいそう。

  • エフィーがんがん出てますやん笑
    まあ、映画ならまずまちがいなく準備チームよりエフィーだろうけど笑
    ずっと暗く地味な世界であのツナギからすらファッションを主張してくるエフィーすばらしい。
    あと女性の髪型、第12地区出身だけなのかな、みんな綺麗な編み込みヘアで素敵だった。あのツナギから浮いてた笑 シナも認める編み込み文化が出てたね。
    個人的には、クレシダのキャスティングもツボでした。女性らしさとかっこよさ両方あってよかった。

    ゲイルの武器、戦闘中は気にならないしそれはそれでいい感じなんだけど、狩りのとき、女性のカットニスが大きな弓を使ってる横でボウガンはちょっとかっこうつかないのでは、、ないでしょうか、、、

    原作ファンとしては、再現されてる部分に感動したり、アレンジを楽しんだり、そこそこ満足できるんだけど、映画だけのひとにとっては今回はいまいちなんじゃないかなあ。
    「ここは映画館でぜひ観たかった!」ってシーンもないし。
    第3部、いままでみたくゲームの話じゃなくて反乱の話だから、重みを持たせるためのシーンとか削れなかったのかもしれないけど、これじゃ”前編感””つなぎ感”ありすぎ。ここはいままで出番の圧倒的に少なかったゲイルの見せ場としての役割があると思うし、カットニスどっちを選ぶんだろうって見るひとに悩ませなきゃなはずなのに、これじゃぜんぜん悩めないんじゃないだろうか。
    一本に凝縮したほうが締まったのではと感じた。

  • 2015/12/15 ハンガーゲーム2がショボい感じで
    三部作の3に続く…って終わって 驚いてたけど、何とか ラスト3で 今回でストーリーが終結すると思ってたのに 特に闘いもせず まさかの三部作の3がまた、二部作になってたなんて ズルくない?
    ハンガーゲーム2の時に味わった 今からってところで 次に続く…ってガッカリ感が またしても3で再びですか(怒)レジスタンスとレボリューションに前半と後編みたいに分かれてるの?やっと終わるかと思ってたのに 終わらず もう一作観なきゃ終わらないじゃないって 作り方最近多いですね〜映画館で観た人はこの回だけじゃ損した気分にならなかったのかしら?って思った かなり暗く陰気なムードばかりで何かあるのかと思って我慢してるうちに 終わってしまった 酷い。

  • バトルロワイヤルとの絡みは少し聞いたことがあったものの、本作のシリーズを観るのは初めて。にも関わらず続編の途中からなわけで、最早ちんぷんかんぷんなんですが。でも観る。弓矢で飛行機を落とす。これはびびる。こんな奴観たのはランボー以来だ。あいつはムキムキだったけど、こんなお姉ちゃんがやるんか。アメ公は日本人と違ってリアル思考って話だったのに、これじゃ日本の変なロープレを馬鹿にできんではないか。そしておばはんの演説に聞き入る同じ制服着た聴衆のシーンは。。彼らは金持ちのブルジョワどもに正義の鉄槌を下すのでした。共産主義万歳!といったところなのか。たぶん違うな。

全23件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする