百年法 上下合本版 (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.63
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (600ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「百年法」(山田宗樹)[電子書籍版]を読んだ。これはすごいね。着想と構成と筆力とがどれも抜きん出ていて、久々に(日本人作家による)読み応えたっぷりのSF小説を読んだな。

  • 日本らしさ、日本人らしさを感じる物語と思います。
    秩序と大義に基づく制約と、人道と人権に基づく自由。どちらを選ぶかはそれぞれの価値判断によります。
    この作品の中身に限らず、概念的に前者を選ぶという選択肢があること自体に、人間は社会的な生物であることを再認識します。
    物語最終盤の、大きな責任を伴う決断を迫られたときに対する態度についての、首相の言葉に嘆息しました。よい意味合いで。
    長い話ではありますが、一時に読めるおもしろさがありました。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1965年愛知県生まれ。筑波大学大学院農学研究科修士課程修了後、製薬会社で農薬の研究開発に従事した後、『直線の死角』で第18回横溝正史ミステリ大賞を受賞し作家デビュー。2006年に『嫌われ松子の一生』が映画、ドラマ化される。2013年『百年法』で第66回日本推理作家協会賞を受賞。その他著作に『ジバク』『ギフテット』など。

山田宗樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする