神様の御用人4 (メディアワークス文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 御用人シリーズの4巻です。3巻までは、章ごとに違う神様のエピソードが書かれていましたが、今回は、1冊まるまる天道根命のお話になっています。これ、すごくいいです!もちろん3巻までのように沢山のエピソードがあるのも楽しいのですが、1柱の神様の御用で1冊だと、出会った人達や神様について深く知れるので、物語にどっぷりハマれます。今回も、黄金と良彦の夫婦漫才のような会話に笑い、神様の御用の背景を知って涙ぐんだり、イッキに読んでしまいました。大国主神のカッコ良さも最高です。次の巻も楽しみに待ってます〜。

  • 「不器用な弟を持った、お姉ちゃんに免じて」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

浅葉なつ(あさば なつ)
2010年「空をサカナが泳ぐ頃」で第17回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞、同作でデビュー。2013年に刊行された『神様の御用人』がシリーズ化され、コミック化されるヒット作・代表作となった。
その他代表作に、『山がわたしを呼んでいる!』『サクラの音がきこえる―あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シ』など。

神様の御用人4 (メディアワークス文庫)のその他の作品

浅葉なつの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする