ストレイヤーズ・クロニクル DVD

監督 : 瀬々敬久 
出演 : 岡田将生  染谷将太 
  • バップ (2015年11月4日発売)
2.42
  • (1)
  • (3)
  • (23)
  • (26)
  • (7)
本棚登録 : 113
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021144575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 制作年:2015年
    監 督:瀬々敬久
    主 演:岡田将生、染谷将太、成海璃子、松岡茉優、白石隼也、高月彩良、清水尋也、鈴木伸之、柳俊太郎、瀬戸俊樹、黒島結菜、青木崇高、渡辺大、本郷奏多、石橋蓮司、伊原剛志
    時 間:126分
    音 声:日:ドルビーデジタルステレオ/ドルビーデジタル5.1c


    1990年代初頭、人類進化に関するある実験が極秘裏に行われた。
    それは、一方のグループには両親に強いストレスを与え子供に突然変異を促し、もう一方のグループには遺伝子操作によって子供に動物や昆虫の能力を持たせるというものだった。
    それから20年近くの後、視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴らこの実験により生まれた若者たちは、その特殊な力の代償として『破綻』と呼ばれる精神崩壊の危険性を抱えていた。
    『破綻』解消の鍵を握る衆議院議員外務副大臣・渡瀬からまわってくる裏の仕事の依頼に昴らは応じざるをえないでいた。
    そんな中、アゲハというグループが現れ、渡瀬を狙う。彼らもまた実験により生まれた異能力者集団だった。
    同じ宿命を背負った二つの集団が戦う中で、彼らの出生の秘密が人類進化の鍵である一方で人類滅亡につながりかねないことがわかる…。

  • 本多孝好の小説を題材とした実写版。超能力を持った子供たち、親のリミットオフで生まれた兄弟達と、遺伝子操作で生まれたアゲハと名乗る集団が交錯する。おたがいをライバル視しいがみ合う中で、政治に利用され、最後は命を狙われることに。小説では、戦いの中でわかり合っていく両陣営を捉えつつ、政治家である渡部をキーマンとして、大人の事情を少しずつ理解しつつも兄弟を守ることを大事に思う主人公と、急速に成長することを犠牲として寿命が短くなっていることに気がついたアゲハの渡部への復讐劇がすこずつ明らかになっていく展開だったが、さすがに映画は一気に結論へという感じか。音楽もちょっと全体の雰囲気に合っているのかなと思ってしまうし、さすがに本多孝好の浮遊感のある世界観を作るのは大変だ。

  • 5分で見るのヤメちゃった(笑)

  • もったいない

  • 能力を活かして大バトル、ではなく「仲間を失うことへのやるせなさ」が描かれて薄暗い。仮面ライダーの暗いやつみたいな展開だなって思ってたら坊主頭の子は仮面ライダー俳優でした。“親殺し”など石ノ森先生臭を感じさせる作品。

  • 設定はワクワクする系なのにイマイチ・・w
    もっとガンガン特殊能力使ったバトルシーンがあればよかったのに。
    それがこの設定の醍醐味じゃない?w

  • 「ある日」「次の日」などの字幕がわざわざ英語だったのに興醒めした。でもアクションはかなり良かった!悲しいけど、現状を打破しようともがく若者は胸に来る物がある。

  • 超能力を持ってしまった人達の宿命が描かれています。
    せつないけど、希望のある話。
    でも、どこかで見た、よくあるストーリーのように思いました。

    光と闇の壮絶バトルか!?と思いきや・・・。

    このような映画を見るといつも考えます。
    自分だったらこの能力何に使おうかと・・・。
    恥ずかしながら、たいがいは良くない方向に向いてしまう。

    超能力バトルのシーンは結構あります。

    スバルと亘のシーンは泣きました。

    なんだかんだで、結構楽しめました。

  • レンタル。

    普通に面白かった。

    ちょっと話が詰め込みすぎに思えました。
    連続ドラマで、じっくりと観たかったなぁ。

  • いやいやコレはなかなかの大好物でしたぞ。
    欲を言えばもうちょっと異能者同士の戦いが欲しかったのと、スバル側にもうちょい戦闘向けの能力者がいた方がよかったかな。
    それでスバルとアゲハがひとしきり戦ったあとに協力して渡瀬と戦う的な感じだったらもっとよかった。
    まあ原作もあるし、この映画の描きたかったことがそういうことじゃないってのはわかってます。
    まあちょっと安っぽい感じも逆に悪くなかったと思うんだけど、それにしても酷評多いねえ。
    でも僕は好きです。面白かったです。大好物です。

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年大分県生まれ。映画監督、脚本家。1989年に『課外授業 暴行』(ピンク大賞新人監督賞受賞)で商業映画監督デビュー。主な監督作品に『冷血の罠』(98)『ドック・スター』(02)『MOON CHILD』(03)『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』(07)『泪壺』(08)『ドキュメンタリー 頭脳警察』(09)『ヘヴンズ ストーリー』(10)『アントキノイノチ』(11)『64-ロクヨン』(16)『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)『友罪』(18)『菊とギロチン』(18) 。

「2018年 『平成の黙示録「ヘヴンズ ストーリー」をよむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする