戦場のコックたち [Kindle]

著者 :
  • 東京創元社
3.56
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (340ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  ノルマンジー作戦の悲惨さを描いた映画は「史上最大の作戦」「プライベート・ライアン」を観たことがあり、いずれも圧倒的な感動ものだった。それをティムという戦場における米軍コックの「私」の個人的な目線で描いていることが、別の角度を見せられたように感じる。エド、ディエゴやその他の仲間たちとの友情。多くの仲間の死が続く。それがフランスの戦場で起こった盗難事件、不思議なパラシュート集め、オランダでは幼児2人を遺した夫妻の謎の死、などの不思議を解決していく、珍しいテーマの小説である。戦いのさなかのロンドンでの休日のジャズ・コンサートの生き生きした場面が印象的。クリスマスの夜の出来事。そして最後は40年以上を経た時代へ一気に展開。1989年のベルリンでの再会、幼児たちのその後…。日本人ではなく、米国人が書いた小説のような錯覚さえ感じた。

  • ノンフィクションのようなフィクションで、
    第2次対戦のときのノルマンディ上陸作戦に加わったアメリカ兵たちが主人公。
    戦場での男たちの友情。
    上陸したフランス、オランダ、ドイツのそれぞれの街でのエピソード。
    「コック」という仕事からみえてくる「生」と「死」の交錯。
    そして、伏線につぐ伏線。
    難しいテーマを、ミステリーで繋いでいく連作長編になっています。
    最後にはやっぱり泣けてしまうのですが、
    ずっしりと重い涙でした。

    私は「ミソサザイと鷲」のエピソードが好きだったなあ。
    ひとりひとりの命がぐぐっと軽く感じてしまう戦時下で、
    親が遺していけるもの…
    考えてしまいますね。

    こんな文学を書ける作家さんがいるんだ!
    これも嬉しい発見でした。

  • 電子書籍で買って、積ん読していた本。通勤車内で読んでいて最初はそこまで面白いかと思っていたけど、章を進むにつれ面白くなった。シャーロック・ホームズでいうならホームズが途中でいなくなって最後あたりはどうなるかとハラハラした。中隊長の謎はなんとなく推測出来た。女遊びも妻子もいないとなるとその当時忌み嫌われるスキャンダルなあれかなと。そんでもって作者が参考にしたバンドオブブラザーズがちょっと見たくなった。

  • オーディオブックにて。このタイトルなら、もっとコックにまつわるエピソードがあって欲しかった!

  • 第二次世界のコックの話
    あまり面白さが伝わらない。
    途中で流してしまった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

深緑野分(ふかみどり のわき)
1983年、神奈川県生まれ。神奈川県立海老名高等学校卒業。パート書店員を経て、専業作家に。2010年、短編「オーブランの少女」で第7回ミステリーズ!新人賞の佳作に入選、作家デビュー。同作は2013年に単行本で刊行。2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木賞候補、第18回大藪春彦賞候補、第13回本屋大賞候補に。2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)を受賞した。2018年、『ベルリンは晴れているか』で第160回直木賞ノミネート。

戦場のコックたちのその他の作品

戦場のコックたち 単行本 戦場のコックたち 深緑野分

深緑野分の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする