本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫) [Kindle]

著者 : 園善博
  • KADOKAWA / 中経出版 (2015年8月28日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (93ページ)

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読書のルールは人それぞれだから「これがいい」なんてものはない。と書こうとしたが、『本の中身が頭に入ってこない人のための』という接頭辞がついていた。主語を小さくするのであれば、納得できなくもない。

    基本的には、アウトプットを意識し、自分にあった本を、目的に合わせたリーディング法で読む、ということが書かれている。取り立てて目新しいことは書いていない。実践もしない。

    年収の高さと読書量は比例する、というデータに対して「年収が高い人は本を購入する余裕があるということでしょう」と述べてからの直後に「私のセミナーでも本を読むようになった人は年収が高くなっているようです」という話の展開を見た時に、整合性の欠如を感じ真面目に読む気をなくした。

    ・読書はなぜ必要?
    ・正しい本の選び方を身につけよう
    ・本の内容が頭にどんどん入ってくるための速習法とは?
    ・記憶力ごみるみる高まる読書の応用技術
    ・ビジネスで使える読書の応用技術
    ・本がどんどん読みたくなる読書のメンタルテクニック

  • 読書欲が高まる内容だった。読みたい本を朝に細切れ15分間隔で読んで、アウトプットする。

  • 自分は読書が苦手なのでは?という人に向けた、読書をする際の心構えやテクニックが紹介されています。

    ・一度通して読んだだけで内容を覚えられる人はいない。
      →その本を読む目的に応じて、読み方を変える。
    ・読書の価値は読んだ量ではなく、何を得られたか。
      →どれだけ読破しても、記憶に残らなければ意味が無い。
       逆に言えば、得るものがあれば全部読まなくていい。
    ・難しいと感じない、読みやすい本を選ぶ。
      →難しいのは本が駄目なのではなく、今の自分のレベルに合っていない。

    読書すること自体が目的になっている人や、積読書が増えて困っている人も得られるものがあるかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)のその他の作品

園善博の作品

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール (中経の文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする