Newton 1時間でよくわかる 超ひも理論: 「相対論」と「量子論」を統合する“究極のサイエンス” [Kindle]

制作 : 科学雑誌Newton 
  • 株式会社ニュートンプレス
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エレガントな宇宙を読み始めて少し挫折してた所に、Newtonの特集記事があったので、読んでみた。

    物質の最小構成要素の有力候補が、ひもって。更に、閉じてるひもと開いてるひも、そして、膜まででてきちゃう。膜は、ブレーンと言うらしく、
    開いたひもは膜にくっ付いていて、これが物質や光、閉じたひもは重力を伝える素粒子らしく、ブレーンを離れて伝わる事が出来るとな。

    超ひも理論は、原理を見つける必要があるらしい…
    重力の理論である一般相対性理論には、等価原理と言う原理があるらしく、慣性力と重力は本質的に等価のような…

    ブライアン・グリーン博士のインタビューがあったのは、エレガントな宇宙を挫折してる今、ちょっとモチベーションを上げられた感じ。
    ただ、このエリアは観測も実験も出来そうにもなくて、何が答えかなんて野暮なんだなと。

    それでも、ブレーンワールドとか、他宇宙って言うワーディングは、心惹かれるものがあるなぁ

全1件中 1 - 1件を表示

Newton 1時間でよくわかる 超ひも理論: 「相対論」と「量子論」を統合する“究極のサイエンス”はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

Newton 1時間でよくわかる 超ひも理論: 「相対論」と「量子論」を統合する“究極のサイエンス”を本棚に登録しているひと

ツイートする