知的生産の技術 (岩波新書) [Kindle]

著者 :
  • 岩波書店
4.04
  • (9)
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (165ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 知的生産に関わる人が、情報をどのように扱っていくべきかについて意見を述べている本。少々古い記述が多いが、現代に通づる部分もある。

  • 執筆を始めとする何らかの情報を生産するための基礎的なテクニックについて書いた本。この方式でやれ、というより、著者の試行錯誤の結果を紹介するという形。1969年に出た本なので内容に時代を感じることもある一方で、現代にも通じる話がある。

    著者は記録と再利用性を重視した結果、B6サイズのカードに記録する方式を採用している。現代においてもこの方式が最適かは分からないが、その背後にある精神は変わらないと思う。つまり、可能な限り細かく記録を取り、それをいかに再利用するか、ということだ。著者は記憶を信頼していないため、カードに書き込む時は必ず「単語」ではなく「文章」を書いている。『カッコウはコンピュータに卵を産む』の「文章のないところに現象はない」というフレーズに通じるものがある。

    著者は手書きを好まず、なるべくタイプライターで文章を書きたいと考えている。知り合いに出す手紙も全てタイプライターを使うのだが、そこで悩みのタネとなるのがどの文字を使うかだ。最初はアルファベットのタイプライターなので、全てローマ字で書き、相手からは読みにくいと不評を買う。次は全てカタカナ、その次は全てひらがなのタイプライターを使う。しかしカタカナとひらがなの両方を使いたいし、たまにはアルファベットも使いたい。そこで頭を悩ませるのである。このタイプライターから始まる執筆関係の内容を読んでいると、「PCを使えば全て解決だな」と思ってしまう。技術の発達は素晴らしい。

  • 知的蓄積は記録や分類が目的ではなく、使いたい時に活用できるようにしておくことが肝心。
    コピー機もない時代に書かれてるけど、忘れるために完全に書くとか、本は「何かを言うため」ではなく「何かを言わないため」に読むという発想が今読んでも面白い。
    「情報の検索、処理、生産、展開についての技術が個人の基礎的素養として大切なものになる」「例えばプログラムの書き方が個人としての最も基礎的な技能となる」と冒頭書かれていて、時代が止まっている気持ち、、

  • 時代をかんじるが、名著だと思う。今だったら色々な応用ができそう。記憶より記忘れてもいい読者。生産に使えるのは整理された知識だということを実感。

  • 手帳
    書く内容は発見、自分の着想。
    見出し+肉付けの形で文章で書く。
    ページ上欄に内容を書く。(2P以上になる時は:何々(続き)と書く)
    1冊終了するごとに索引を作る。

    ノート
    右に内容を書き、左に右頁の要約・参考事項を書く。

    百科全書
    原文、結果、考察、思いつきを書く。

    情報収集カード(これは習慣にしたい)
    文章、日付、連番(3/8)は書く。
    ページ上欄に内容の一行サマリーを書く。
    1ページにつき、書く内容は1つ。
    創造の装置として使えるように、組換え可能にする。
    分類は適当でOK!  ※未整理があっても良い。


    始めから終わりまで一気に読む。
    読書カードに著者名・書名・発行年月・出版社・ページ数・読了日を書く。年末に確認する。
    抜書きは読み終わってから。
    読書ノートに内容の要約、感想、上欄に一行サマリーを書く。
    引用目安は3~30か所。 読む→積む→書く(すぐには書かない)

    手紙
    はじめの挨拶+要件切出し+要件中心部分+締め括りのひな型を作っておくと便利。
    署名・年月日は書く。

    日記
    毎日の経験を報告する。
    経験した出来事は客観的に書く。
    2段構えにする。
    内容+事件+経験のあらすじを書く。
    詳しい記述の見出しとする。

    行動記録
    行程、所要時間、出来事を書く。

    文章
    考えを纏めてから書いていく。

    主題に関係ある事柄を単語・句・短文で書いていく
    →並べる
    →論理的にまとまりがある文章に直していく。
    ★情報カードを1ページ1つの内容にすることによって、ばらばらな素材を組み合わせられる。

    この本は「カード」のくだりが大変有名な本である。
    受験勉強の時にも和田先生が提示していたので活用していた。

  • 再読。
    ITツールが発達した現代でも応用できる内容多数。
    試行錯誤して諦めずに自分のやり方を見つけることが大事。

  • 手帳とカード式の違いの部分、参考になる。

  • しかし、いろいろしらべてみると、みんなひじょうに個性的とおもっているけれど、精神の奥の院でおこなわれている儀式は、あんがいおなじようなものがおおいのである。おなじようなくふうをして、おなじような失敗をしている

    意識的なので、本書はかなりの分量に平仮名が使われています。個人差があるとは思いながらも、少し読むのに力が入りました。漢字を多用してくれた方が、一度見ただけでその意味を把握できる点、言葉の境界がわかりやすい点、で良いのかと思いました。

    これも漢字仮名交じり文化にたくさん触れてきた慣れかもしれません。初めから平仮名オンパレードで生活していたら、このような文体であったとしても、抵抗なく読めたと思います。いっそのこと漢字がなければ、それはそれで種々の変換が不要になるので、楽だったかもしれません。

  • 日記の書き方を学びたくて購入。
    日本語を書道から、文学から切り離して知的生産の道具として取り扱うため著者が取り組んだことが書かれている。
    PCがない時代の本だけれど京大型カードの規格化やタイプライターを使った情報の取り扱いの姿勢は現代でも学べることだと思う。

  • さすがにちょっと古すぎた。
    書かれているすべての技術が、現代ではIT技術にとってかわっている。それらに全く合致する技術を当時アナログで網羅していること自体がすごいということか。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

梅棹忠夫

一九二〇年(大正九)、京都市に生まれる。四三年、京都大学理学部卒業。学生時代の白頭山登山および大興安嶺探検隊以来、調査、探検の足跡は、ひろく地球上各地にしるされている。京都大学人文科学研究所教授、国立民族学博物館長を経て、同館顧問・名誉教授。専攻は民族学、比較文明学。理学博士。九四年、文化勲章受章。二〇一〇年(平成二十二)、死去。著書は、『東南アジア紀行』『サバンナの記録』『文明の生態史観』『知的生産の技術』『地球時代の日本人』『日本とは何か』『情報の文明学』など。いずれも「梅棹忠夫著作集」(全22巻、別巻1)に収録。

「2020年 『女と文明』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅棹忠夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸見 一郎
デールカーネギ...
戸部 良一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

知的生産の技術 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×