そして生活はつづく (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.73
  • (27)
  • (40)
  • (42)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 566
感想 : 48
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (169ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんて面白い人なんだろう。読みながら大爆笑。
    また癒されたい時読みます。

  • とても読みやすいエッセイでした。
    クスッと笑えたり、ふむふむと読んだり、とても楽しく最後まで読めました。
    星野源さんすごい!老若男女、楽しめそうな一冊です。

  • 馬鹿馬鹿しくて、でも寂しくて、いい。
    この本はトイレに置いておこうと思う。

  • ユーモアと共感のバランス。

  • お腹痛くてひとりぼっちな人の本は絶対信用できる。

    面白かった。そして私も好きな人と「ひとつ」になるのではなくて、二人で一緒に「ふたり」でいられるのを目指したいなぁと思った。

  • 再読しました。フワちゃんとコラボしていたラジオが面白くて、星野源の人となりを知るにはエッセイを読もう!ということで再読しました。悩んでも「(く)そして生活はつづく」ので何でも楽しんで過ごした方が良い!この頃の星野源は「ひとり」が好きで、ひとりでいることのエピソードがいくつかあるけど、結婚した今はどう変わったのか気になります!新しいエッセイで変化はあるのかも気になります。

  • 星野源さんの初めてのエッセイ。「生活をおもしろがる」という発想が素敵だなと思いました。洗濯、料理、掃除、その他諸々、日々めんどくさいけど日常生活をおもしろがれたら毎日が楽しい。星野源さんが好きになる一冊。

  • ゆるいエッセイが和み癒されプッと笑える。ありがたい。星野源が星野源となった由縁がわかる一冊。ばかばかしいエッセイもあれば、真面目な考察もあり、しんみりする部分もあって読み応えあり。

  • 星野源のエッセイは以前からずっと読みたくてようやく読めた。
    文章が非常に読みやすくて、源ちゃんは多才だなって思った。
    生活が苦手、って言葉が非常に心に残った。
    私も生活が苦手。生活を好きになることで、生活が面白くなる。
    そんな、心に残るシンプルな言葉がたくさん詰まっている。
    星野源の他のエッセイも読みたいと思った。

  • 星野源さんのへんてこぶりが愛おしくなる。源さんの独特の思考回路も自覚している弱みも丸裸だからこそ、読んでいて安心してしまう作品でした。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年、埼玉県生まれ。俳優・音楽家・文筆家。俳優として、映画『罪の声』で第44回日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。音楽家としては、近年に『SUN』『恋』『ドラえもん』『アイデア』『創造』『不思議』など多数の楽曲を発表。また、著作に『そして生活はつづく』『働く男』『よみがえる変態』がある。音楽、エッセイ、演技のジャンルを横断した活動が評価され、2017年に第 9 回伊丹十三賞を受賞。

「2022年 『いのちの車窓から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野源の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×