奪還者 [Blu-ray]

監督 : デヴィッド・ミショッド 
出演 : ガイ・ピアース  ロバート・パティンソン  スクート・マクネイリー  デヴィッド・フィールド 
  • ポニーキャニオン (2016年1月6日発売)
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013432680

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 294-9

  • 2015年9月1日 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞

    ※ブクログからの転載です

     世界経済が破綻した後のオーストラリアで、盗まれた車を奪還しようとしつこく追い回す男エリック(ガイ・ピアース)と、盗んだやつらに見捨てられたたぶん知的障害を持つ青年(兄弟のうち弟/ロバート・パティンソン)のお話。

     静かな映画でときどきお客さんのイビキが聞こえてきたが、エリックは車を取り返すためならバンバン人を殺しまくる。
     いったいあの車に何があるのだろうと思いきやラストでそれが分かって「お、おお……?」ってなる。
     それまでの倫理観が崩壊し、人の命が軽くなってしまった世の中なんだな。世界が終わるっていうのは、人類が滅亡するとか地球が爆発するとかでなくて、人命がまったく尊重されなくなったときのことかもしれない。
     そういうことが言いたいんかな、って納得するには少し自分で考えないといけないから爽快感みたいなのはあんま感じないし、観る人によっては分からないまま終わってしまいそうである。
     それにしても、あの純真な弟君が死ぬのは実に胸痛なのだった。彼は別に何も悪くないし。

     ガイ・ピアースがはげかかってた感じあったけどあれはヅラなのか自前なのか……それはおいといて、すごく荒んだ目でさすがの演技力でありました。
     ロバート・パティンソンはイケメン俳優な印象だったけど、障害のある青年をわざとらしくなくごく自然に演じててとてもすばらしかった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

奪還者 [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする