ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える (講談社現代新書) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (140ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ディスクであろうがデータであろうが「所有するものを買う」スタイルだったものが、「聴くための権利を手にいれる」スタイルに変わろうとしている。」

    これは本でも同じ。kindle本はあくまで読む権利。読んで面白ければ紙の本を買えばいい。いつ読めなくなるかわからないけど、大抵は一度しか読まないものだから権利スタイルになるのだろう。それはきっと映像も同じ。何度も見直すものは少ないはずだ。

    今まで無料だったテレビにお金を出すには抵抗がある。でも、一度お金を払えばあとは気にならない。

  • ネットフリックスやHULUといった、最近目にするようになったけど、一体何が良いのだかわからない番組配信サービスについて、ちょっとだけ気になったので購入。

    テレビ放送との違いや関係、音楽配信との違い、データが果たす役割、配信の使い方等々、色々な切り口があるもんだと興味をもって読んだ。

  • 映像コンテンツの作り方、お金の流れが変わるというお話。『ハウスオブカード』が日本のネットフリックスで流せない理由とか面白かった。

  • 非常にタイムリーな本。インターネットに詳しい人も、あまり詳しくない人も読んでおくべきだろう。なぜなら、そう遠くないうちに、多くの人がストリーミングビデオサービスを利用することになるからだ。今のうちに、動画見放題サービスがどういったものか勉強しておこう。

    コンテンツ制作で一番力を持っているテレビ局が、今後ネットフリックス、Hulu、Amazonなどとタッグを組むことで、テレビとインターネットが融合していくのは間違いない。

    テレビが上、インターネットが上という単純な話ではなく、コンテンツを対象とするユーザー層によって、それらのメディアをうまく使うことで、コンテンツの価値を最大限に高める戦略がより顕著になるだろう。

    ネットフリックスのような動画見放題サービスのシェアが増えた先には、よりコンテンツ(番組)の重要性が高まるはずだ。

全4件中 1 - 4件を表示

ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える (講談社現代新書)のその他の作品

西田宗千佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸見 一郎
村上 春樹
村上 春樹
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える (講談社現代新書)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ネットフリックスの時代 配信とスマホがテレビを変える (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする