未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.90
  • (5)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (241ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むべき世代ドンピシャだったため、第二の人生論にはかなり頷けた。
    これまでのキャリアを生かして、もっと楽しい人生に向けて準備、決断をしていきたいと思った。

  • 改めて読み返してみた。6年前の本なのに内容は今でも色あせていない。二回目の人生、どうしようかな。ちきりんは頭がいい。他の本も読もうかな。

  • 僕は子どもの頃から、定年が60歳と決められていることに疑問を持っていて、それは今でも変わっていません。一日でも早くリタイアするにはどうしたら良いか日々考えながら暮らすというスーパー怠け者精神の持ち主だからです。
    だから数年前に日本政府が「60歳以降ももっと働こう、定年を65歳、いや70歳にしよう」と言い出した時には焦りました、おれの怠け者精神もここまでか、って。だって視力も体力も少しずつ衰えて、日々変わりゆく物事に反応するスピードも落ちていくのに、65歳やら70歳までまともに働けるわけないですよ少なくとも僕は。だけど日本政府から、日本人で日本に住むお前はそれを気合と忍耐と不屈の精神で乗り越えていかなければいけない、と言われたような気がして唖然としていたところでこの本と出会いました。
    ちきりんさんはこの本の中で、引退は固定観念にとらわれること無く人それぞれが最適な引退の仕方を見つけるべきで、それは例えば人生の後半は今より給料も安いけど負担も少ない仕事(職場、職種)に切り替える、といったやり方です(ちきりんさんはこれを「ゆるやかな引退」と呼んでいました)。
    引退可能年齢についても書かれていて、それは僕の考えを肯定してくれるものだったので嬉しくなりました。例えば、最低限の生活を維持するのに年230万円のお金が必要な人が、購入費と維持費(車検、税金など)の合計で700万円掛かる車を買ったら、それは自分の引退を約3年先延ばしにすることだ、という考え方は賛否両論あるんだろうけど自分は好きでした。
    常識にとらわれない働き方についても推奨していて、例えば看護師の資格を持っている人が、一年間真剣に働いてお金を貯めた後にスパッと止めて、その後半年間海外を旅行して回ったり語学留学をして、その後別の病院でまた一年間働く、というような仕事のスタイルも紹介されていて、素敵だなぁと感じました。
    この本の中でもう一つ面白かったのが、「同一労働・同一賃金」に対するちきりんさんの考え方です。グローバリゼーションが進む社会の中でこの「同一労働・同一賃金」制度は、日本国内ではなく世界を視野に適用されるべきだと書かれていて、それは例えばある仕事をベトナムでベトナム人がは日本の1/10の賃金でやれるとすると、「同一労働・同一賃金」なんだから日本人に対してもベトナム人と同じ1/10の賃金しか払えないよ(だからいま日本にある仕事は全部ベトナムに移そうね)、という理屈も通るじゃん、とする考え方です。面白い考え方だなと。
    ちきりんさんの本はいくつか読みましたがこの方の主張は一貫して「自分の人生のことは自分の頭で考えて自分で決断しようね」、「そしてそれを行動にうつそうね」、という事に尽きると思います。この本も良書でした。

  • 2017/11/02読了 ブログのエントリ+書き下ろし

  • 1960年代以降の生まれは年金が65歳から。雇用年齢も引き上げに。それまでに働ける?
    それらは日本の内部的問題、では外部的な問題は?それらは、三つある。
    1.IT革命は個人が低コストで事業を始めることを可能に。
    2.理想的グローバルワークは逆でもあり得る。フィリピンで日本の仕事をする。
    先進国の人口が減り、途上国の人口が増えれば、産業、政治の国際地図が変わる。頭数、平均年齢が産業を生み出すレイヤーを変えるからだ。
    3.お金に関してはストックからフローへ。人間関係も同じ。なぜか、寿命が延びているから。1950年代は平均年齢が50年、今は80年。100歳もゆめではないから。

    大企業が上記3つの革命をうけ、雇用年数も引き上げられ、働き方、家族のあり方もかわる。そこで若者がどう向き合っていくのか。
    まず、三年いないに社員が1000人以上いる勤め先をやめる若者は五人に一人。
    若者は大企業一本ではない。
    なぜか、それは価値観の変容。大企業神話の崩壊、給料よりやりがい、日常的規範からの脱却などの要因。
    また、職種という点からみると一直線型キャリアと間欠泉型キャリア、ふたつある。

    なぜ若者が会社をやめるのか
    働くことの意味がかわったから
    昔、高度成長期を経験した世代は、働けば報われるから
    株価があがるなかで生きた。
    一方、1970年代うまれ、1993年大卒者は、  
    仕事は重要なもののひとつとなった。
    就職氷河期、日本経済も右肩下がりの中で希望はなかった。

    人生をふたつにわけるのも悪くはない。
    はたらくことに希望がなくなり、また大企業神話が崩壊する中、セカンドキャリアもひとつのあり方。たとえば、日本女子大学の現代女性キャリア研究所では女性のセカンドキャリアがデータベース化。組織を離れて食べていけないなんて言えない。
    引退の仕方も様々、ぷち、セカンド、わがまま、ハーフ。

  • このまま同じように働いていていいのだろうか?同じように働き続けられるのか?
    そもそも私は何がしたかったのか?今は何がしたいのか?
    …そんなことを考えていたときに、Kindleのセールがあり迷わず購入。結論としては買って良かったし、今後も何度か見返すと思う。

    私の年齢では、結婚していて子供が1,2人いて、仕事は辞めるか控えめにしながら子育てしてる…というのが、私の大学生頃の予想であり、また両親や祖父母なども同じように思っていたはず。でも、今そうなっていない。苦しくて、どうして私は普通の幸せが手に入らないのだろうか?そう数年間悩んでいる。

    本を読んで分かったことは…まず、普通だと思っている生活は普通でないこと。夫も子供も持ち家もない生活もダメではない。

    私は、起きている時間の半分以上を仕事に費やす生活を、40歳までで卒業したい。遅くても45歳でやめて、第2の生活はこうしたい…!そんな妄想をするのは楽しい。少しず週末などの時間をシフトして、堂々と第2の人生への準備をしていこう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

【ちきりん】社会派ブログ「Chikirinの日記」運営者

「2013年 『強く生きるノート 考え方しだいで世界は変わる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる (文春文庫)のその他の作品

ちきりんの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする