白雪姫の息子 (角川ルビー文庫) [Kindle]

著者 :
制作 : 笠井 あゆみ 
  • KADOKAWA / 角川書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (183ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色んな意味でぶっ飛んだ本。白雪姫+ラプンツェル+美女と野獣…という感じ?表紙イラストはとにかく美しくて、スノーホワイトに惚れ込む王の気持ちがちょっとわかる。

  • 初めての電子書籍。
    こちらが特別なのか、挿絵つきで読めました。表紙と中表紙をカラーで見られないのだけが残念かもしれません。

    白雪姫の息子というタイトルで、そのまま、主人公(受)はスノーホワイトという名前なのですが、境遇はラプンツェル。相手の攻は実の兄で第一王子、境遇は美女と野獣のビースト。

    色々と禁忌を犯している内容(親子、実の兄弟)で、レビューをよそで読んだ際にも、エルフのミルクが気持ち悪いなどとあったので、戦々恐々としていたのですが、犬飼のの先生が大好きなので。

    結果、私は全然大丈夫でした。
    童話とかおとぎ話がモチーフになっているのが理由なのかもしれません。エルフも、レビューを読んだだけだと、小さいエルフと白雪姫の絡みがあるのかと思って身構えていましたが、ミルクをあげる際にはエルフも青年サイズになっていて一安心(?)。ミルクだけで大きくなれるわけがないだろ!というレビューもあったのですが、それすらも、だってエルフのミルクだから、魔法の力が込められているから、と説明されて、すんなりと納得してしまった次第です。

    それよりも何よりも、白雪姫(厳密にはその息子)を「純粋で健気、でも淫蕩」というキャラ設定にして、品を損なわずに書ききった犬飼先生の手腕にしびれます。
    普通だったら、ただのビッチ受になりそうなところを、あくまでも相手を恋い慕うキャラとして描いたのはすごいなあと感心しました。

    個人的にエルフたちが結構気に入っていたので、序盤で退場になってしまったのが寂しかったです。お話も、設定も、エロもグロもあって、盛りだくさんで一気に読みました。

全3件中 1 - 3件を表示

白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)のその他の作品

犬飼ののの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

白雪姫の息子 (角川ルビー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする