著者プロフィール

1951年生。歴史人口学者・家族人類学者。フランス国立人口統計学研究所(INED)に所属。家族制度研究の第一人者ラスレットの指導で、76年に博士論文『工業化以前のヨーロッパの7つの農民共同体』を提出。同年、『最後の転落』で、弱冠25歳にして乳児死亡率の上昇を論拠に旧ソ連の崩壊を断言。その後の『第三惑星』と『世界の幼少期』(99年に『世界の多様性』として合本化)において、各地域における「家族構造」と「社会の上部構造(政治・経済・文化)」の連関を示す全く新しい歴史観と世界像を提示。『新ヨーロッパ大全』I、II(1990)では多様性に満ちた新しいヨーロッパ像を提示。対イラク戦争開始前の2002年に発表された『帝国以後〔アメリカ・システムの崩壊〕』ではアメリカの衰退、とりわけ経済力の衰退を指摘。

「2019年 『ユーロ病と日本病』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文藝春秋オピニオン 2016年の論点100 (文春e-book)のその他の作品

文藝春秋オピニオン2016年の論点100 (文春MOOK) ムック 文藝春秋オピニオン2016年の論点100 (文春MOOK) エマニュエル・トッド

エマニュエル・トッドの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

文藝春秋オピニオン 2016年の論点100 (文春e-book)を本棚に登録しているひと

ツイートする