著者プロフィール

1951年生。歴史人口学者・家族人類学者。フランス国立人口統計学研究所(INED)に所属。76年、『最後の転落』で、弱冠25歳にして旧ソ連の崩壊を予見し、フランス・アカデミズム界に衝撃を与える。その後、歴史人口学の手法で「家族構造」と「社会構造」の連関を示し、全く新しい歴史観と世界像を提唱してきた。主要な著作として『世界の多様性――家族構造と近代性』(99年)『新ヨーロッパ大全』(90年)『移民の運命』(94年)『経済幻想』(98年)『帝国以後――アメリカ・システムの崩壊』(02年)『文明の接近――「イスラームvs西洋」の虚構』(07年)『デモクラシー以後』(08年)(以上、邦訳藤原書店)などがあり、近年は大著『家族システムの起源』を出版。

「2014年 『不均衡という病』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文藝春秋オピニオン 2016年の論点100 (文春e-book)のその他の作品

文藝春秋オピニオン2016年の論点100 (文春MOOK) ムック 文藝春秋オピニオン2016年の論点100 (文春MOOK) エマニュエル・トッド

エマニュエル・トッドの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

文藝春秋オピニオン 2016年の論点100 (文春e-book)を本棚に登録しているひと

ツイートする