ベルファスト71 [DVD]

監督 : ヤン・ドマンジュ 
出演 : ジャック・オコンネル  ポール・アンダーソン  リチャード・ドーマー  ショーン・ハリス  デヴィッド・ウィルモット 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2016年2月10日発売)
3.45
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101188161

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ベルファスト71』(2014) ヤン・ドマンジュ監督

    イギリス制作でメジャーな俳優も出演してないが、ヤン・ドマンジュは、この長編デビューの評価で、2019年公開『007』シリーズの次回作監督の最有力候補に名前が挙がってる。

    アイルランドの統一を目指すカトリック系住民と、英国との連合維持を望むプロテスタント系住民の間で激しい紛争が繰り返され、武力衝突が一気に拡大した1971年の北アイルランドの首都ベルファストが舞台、紛争の最前線に取り残された若きイギリス軍兵士と複雑に絡み合う活動家たちの一夜を描くサバイバル・サスペンス。

    登場人物が英国軍人、カトリック系住民、プロテスタント系住民、IRA(アイルランド共和軍)穏健派と過激派、英国軍の工作員に限られるが、誰と誰が繋がっていて、誰が敵か味方か、分からなくなったり・・・。
    前半の暴動シーンも手持ちカメラで撮影されてて第三者目線から現場のど真ん中に連れていかれる迫力。

    工作員のポジション、IRAとの距離感が初見、事前情報入れないと理解しにくいところがあり
    初見★★、情報いれて再鑑賞★★★かな
    初見★★だけど、おすすめの映画でした。

    『ベルファスト71』予告編 https://youtu.be/GnQihgGx2yI

  • 主人公がただ逃げて撃たれて逃げる、セリフも少なく、どんな性格かもずっと不明のまま終わる。なんのドラマもない。
    特にいいアクションがあるわけでもなくずっと退屈。

  • アイルランド問題って詳しくなくIRAも名前は聞いたことがある程度。なので途中で見るのをやめてネットで調べる。それこそがこの映画の眼目なのかもしれない。最初はちょっとしたデモを抑える程度だったのが、石があたり倒れたところで、銃が盗まれ、それを取り戻そうとデモの中に分け入ったので袋叩きに合い、一人は殺されてしまい、もうひとりはひたすら逃げることになる。
    憎悪がしだいにエスカレートしていく流れが素晴らしい。手に汗する。こちらが想定している上をいく展開になってる。
    落ち着いたところでの爆弾シーンも意外。その後は敵味方入り乱れるとこもよくできている。
    リアルに感じた憎悪からこの問題がカンタンには解決しないということも伝わってくる。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする