NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 12月号 [雑誌]

制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社
3.60
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910068471253

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒョウの記事が面白い。
    インドの都市部ではヒョウが増え続けているという。
    日本の感覚だと考えられない!と思ったけれど、そういえば札幌の中心部でもヒグマが目撃される・・・あれと同じ感覚なのかなと(笑)

    勿論共存できるのが一番良いのだろうけど、
    お互い警戒心と恐怖心を持っている限りは難しいだろうなぁ。

    また、エイズ遺児が夕日のスポットライトを浴びながら
    希望のダンスを踊る写真がとても印象的だった。良い写真です。

  • 借りたもの。
    世界中で目撃されているという、聖母マリア出現の奇跡。
    そのビッグデータの解析をしているという面白い試みについて取り上げている。
    内容は結果の話ではなく、導入程度の“聖母マリアの奇跡”のエピソードと傾向について。
    ある時は人を瘉し、ある場所では予言をする。ある人には預言をするも、それは特定の宗教の教義を越えた概念の話でもあった――
    ローマ・カトリック境界では、16世紀からそれらを厳格に審査(信憑性が高く、教義に沿っていて、好ましい影響があったもの)してきたという。
    2015年は中東での戦闘と欧州での難民問題、イスラームのイメージの悪化と不安と不信の連鎖だった。
    それ故に、年の瀬を締めくくる号として、希望の灯火、祈りのようなイメージの内容だったと思う。
    イスラームにも取り上げられている聖母マリアは、セム系一神教の対立を緩和する架け橋、全てを包み込む女神としての希望の存在のようだった。

  • 味覚に関しての記事には興味がわいた。
    匂いも関与している。

全3件中 1 - 3件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2015年 12月号 [雑誌]のその他の作品

ツイートする