バケモノの子 (スペシャル・エディション) [Blu-ray]

監督 : 細田守 
  • バップ (2016年2月24日発売)
4.22
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021714099

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと購入、やっぱりストーリーがいいね?
    最後の展開は誰も思いつかないだろう^^

  • タイトルの「バケモノの子」が二人(匹?)登場する物語。師弟愛の物語かと思いきや、それだけではなく親子愛やら兄弟愛やら何やらも絡んできます。

  • 細田監督が次世代のアニメを引っ張っていく存在になりそうな勢いがピンプン臭ってきた作品だったのでずいぶん前から期待してこの公開を待ち望んでおりました。
    感想は一言で言うと「おしい!」
    映像も、演出も本当に素晴らしいので、先に書いたような期待が無ければもっと高評価でも良かったのかもしれませんが、細田作品をジブリの後釜のような存在になること期待したいという厳しい目線で観ると、何となくいろんなエピソードを詰め込みすぎて散らかってしまったのがすこし残念。
    とはいえ映像がすごく凝っていてほんとうに圧倒される渋谷のリアルな画は必見で、もっとあの世界のなかにずっと浸っていたい気持ちにさせられます。

    個人的には
    (1)「バケモノの国」であるパラレルワールドだけでお話を展開して、私たちを現実に引き戻してしまう渋谷のシーンは最初と最後くらいほしかった。
    (2)ストーリーをもっとシンプルにして熊徹とキュウタの疑似親子的な交流に時間をもっと裂いてほしかった。
    などなど、これ以上はネタバレになるので止めておきますが、なぜこれも?というシーンが結構多くて、観ている方の心の持って行き方がわからなくなりそうでした。

    個人的に「おおかみこどもの雨と雪」が好きですが、ああいう繊細な作品をを丁寧に描く事ができる監督ですし、映画の軸であるテーマは本当に面白いので、もうすこしシンプルにさえなれば、子供から大人、女性男性、世界中からも絶賛されるような素晴らしい作品なんだろうなと思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

バケモノの子 (スペシャル・エディション) [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする