時をかける少女 角川映画 THE BEST [DVD]

監督 : 大林宣彦 
出演 : 原田知世  高柳良一  尾美としのり 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2016年1月29日発売)
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111291196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1983年角川映画。監督は大林宣彦。製作は角川春樹で、原作は筒井康隆の同名小説です。
    主演はこれがデビュー作となる原田知世。主要な共演としては高柳良一、尾美としのり。その他の共演としては教師役の岸部一徳と根岸季衣、同級生役の津田ゆかり(美人です!)、特別出演の上原謙、入江たか子、松任谷正隆などです。
    本作はいまや伝説となった大林宣彦監督の「尾道三部作」の一つでもあります。

    ♪とーきーをー、かける少女~、あーいーはー、輝く舟~、過去も未来も~、星座を越えるから~、抱きとめて~(原田知世)

    ちょっと見くびっていました。(笑)30年くらい前に観たことがあると思うのですが、全く憶えていなかったです。しっとりとした風情とSFが絶妙に重なり合って割と面白かったです。

    同じく角川娘(?)の津田ゆかりの方が美人だと思うのですが、なんで原田知世が主演に選ばれたのかと思って観ていたのですが(失礼!)、今となってはやぱり原田知世の方が本作に似合っていたかもしれません。あどけない可愛らしさが残る方が良かったんですね。う~ん、炯眼!(笑)
    それにブルマー姿でも魅せてくれたし!(笑)
    そして、相変わらずの安定感があったのが尾美としのりです。あの素人のように野暮ったいようで、きっちり演技しているところがいいんですよね。あの独特の境地は脇役としては得難いかもしれません。

    全般にわたって大林宣彦監督のカメラワークの演出も冴えています。序盤の白黒からカラーに変わるところなんかも本作の本質を突いている感じで良かったですね。主要な場面のそこかしこでいろいろな構図や撮影技法を取り入れていて、これだけでも引き込まれました。さらに物語の背景として、尾道の風情をこれでもかと抒情的に描き出していて、これに松任谷正隆のBGMとも相俟って、何ともいえない雰囲気を醸し出していました。
    SFにこうした特定の地域の抒情的な雰囲気をかぶせるとは意表をつくものでもあったのですが、しっくりときていたので意外な面白さでもありました。

    唯一難点を言えば、ストーリーとしてラストにあの人のとった行動って一体どうなんだろうって。冷静に考えれば、かなり利己的で関係した皆を不幸に陥れたのではないかと・・・。(笑)
    ラストはラストで面白かったのですが、おいっ!という突っ込みとともに少しもやもや感が残ったのはそういうわけです。(笑)

    エンディングは原田知世のNG集とともに、場面を振り返りながら原田知世が歌うというもので、これがまた楽しい演出になっています。
    新しいスター誕生に期待する角川春樹の意気込みも伝わってくるかのようです。

    • nejidonさん
      mkt99さん、こんばんは♪
      ごく最近、「原田知世と山田邦子ってそっくりだね」とある人に言ったら激怒されました。
      山田邦子さんの大ファンなのかと思ったら原田さんの方のファンだったようです。
      取り返しのつかないことをしました。
      でもこれ、ほとんどの人が爆笑してくれるんですよ。
      mkt99さんはいかがですか?
      2016/08/01
    • mkt99さん
      だいさん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/

      自分の学校の化学室でも得体のしれないものが並んでいたと記憶しています。(笑)

      やっぱり、時をかけれるか実験していたのではないでしょうか。(笑)
      2016/08/05
    • mkt99さん
      nejidonさん、こんにちわ。
      コメントいただきありがとうございます!(^o^)/

      な、な、な、なんてことを!
      どこに目をつけておられるのですかっ!!

      よりにもよって、原田知世と山田邦子が似ているなんて!!!

      山田さんに失礼だと思います。ほんとうに取り返しのつかないことをされましたね!

      まあ、目の離れているところなんかは、似ていなくもないではないかも・・・。

      いや、だけど!どこをどうしたらそんな突拍子もないことをっ!!

      まあ、顔の平面なところは、似ているという視点で見てみればそんな気がしないでもなくはないかも・・・。

      とにかく!!全然似てないですからね!!

      山田邦子のブルマー姿を想像してしまったではないですかっ!!!

      目とか平面とか関係なく、やっぱりこれは原田知世でないと似合わないです!!ほんとにもうっ!!!あれれっ!?(笑)
      2016/08/06
  • 劇場公開時に見て以来、久々に見直した。原作小説もアニメーションもみんな名作。この大林監督版はまさにワンダーな気分を掻き立てる点で抜きん出ていて、さらに原田知世の魅力が加味されていて素晴らしい!

  • 尾美としのりの吾郎ちゃんが光る作品。
    幼少期のエピソードを1つ差し込むことで、効果的に和子、深町くん、吾郎ちゃんの3人のトライアングルを表現してると思う。

  • 大林宣彦監督の「尾道三部作」の1つ。
    原田知世さん主演の映画です。

    ちなみに三部作の他の2つは『転校生』と『さびしんぼう』だよ。

    今観ると、かなり古い雰囲気のベタな作品でした。
    知世さんも細いけど美人ではなかったんだね。
    まだ15歳ってのもあるけれど、演技もかなり素人さんぽい。

    そして、ヒロインを取り巻く男性2人のダサいビジュアルと大根っぷりは、かなりの衝撃でした。
    深町くんは歌うシーンがあるんだけど、声もヤバい。

    そう考えると今の俳優さんて、かなりマシなんだな…。
    顔だけで演技が下手な人ばかりとか言われるけれど、昔は顔も演技もダメなの人が俳優してたんだから。

    このお話でのヒロインは、テレポーテーションやタイムリープを無意識に行ってるし、本人の素質じゃなくて外的要因でそうなったわけで、そういった能力に気がついた後は、普通の女の子ではなくなってしまったことに不安を持って元に戻りたいと考えます。

    アニメ版のように自分のためにタイムリープしまくりってお話よりもずっと好感が持てるお話だったよ。
    やっぱりアニメ版は自分勝手だよね?

    ラストに未来人だった彼とお互い記憶を失った状態で再会するんだけど、よくよく考えたら吾朗ちゃんの立場がないじゃんってお話でした。

全4件中 1 - 4件を表示

時をかける少女 角川映画 THE BEST [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

時をかける少女 角川映画 THE BEST [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする