本をめぐる物語 小説よ、永遠に (角川文庫) [Kindle]

  • KADOKAWA / メディアファクトリー
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (202ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルの通り、本をテーマにしたアンソロジー。
     『真夜中の図書館』神永学
     『青と赤の物語』加藤千恵
     『壊れた妹のためのトリック』島本理生
     『ゴールデンアスク』椰月美智子
     『ワールズエンド×ブックエンド』海猫沢めろん
     『ナオコ写本』佐藤友哉
     『あかがね色の本』千早茜
     『新刊小説の滅亡』藤谷治

    さきほど「タイトルの通り」と書いたけど、本当にそうなの?というものも。
    本にまつわる、あるいは本がキーアイテムになっているような物語を期待して
    いたんだけど、ちょっと角度が違うものも。
    「物語を禁止されたら」とか「小説が発刊されなくなったら」とかそんな想像の
    お話はあまり好みじゃなかったな。

    そんな中で気に入ったのは、神永学さんと千早茜さん。
    まあ、神永学さんの話は『心霊探偵八雲』の外伝みたいなもので
    元々好きなシリーズだからってのもあるけど。

    千早茜さんの話は、中学入学後すぐにあかがね色の本がきっかけでとある男子と
    仲良くなった女の子の話を、大人になり作家になった彼女自身が描く物語。
    青春色たっぷりで、こんな風に俺も誰かと話がしたかったなとか、
    こんな風に大人になっても誰かに思い出してもらえるような自分だったかなとか、
    色々と考えてしまうものでした。

    千早茜さんの他の著作も読んでみようかな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

かみなが・まなぶ
1974年山梨県生まれ。日本映画学校卒。2003年『赤い隻眼』を自費出版する。同作を大幅改稿した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』で2004年にプロ作家デビュー。代表作「心霊探偵八雲」をはじめ、「天命探偵」「怪盗探偵山猫」「確率捜査官 御子柴岳人」「浮雲心霊奇譚」「殺生伝」「革命のリベリオン」などシリーズ作品を多数展開。著書には他に『イノセントブルー 記憶の旅人』『コンダクター』がある。

「2018年 『悪魔と呼ばれた男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本をめぐる物語 小説よ、永遠に (角川文庫)のその他の作品

神永学の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

本をめぐる物語 小説よ、永遠に (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする