博士と彼女のセオリー [DVD]

監督 : ジェームズ・マーシュ 
出演 : エディ・レッドメイン  フェリシティ・ジョーンズ  チャーリー・コックス  エミリー・ワトソン  サイモン・マクバーニー 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016年2月3日発売)
3.92
  • (26)
  • (59)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 302
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102366605

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳は正常なのに筋肉が動かなくなってゆくALSという難病にかかりながらも、世界的物理学者となったスティーブン・ホーキング氏の伝記映画。

    ALSを患い、余命2年と宣告された大学院生のスティーブン。
    彼の研究と限られた人生を助けるため、スティーブンの恋人で同じ大学に通うジェーンは、彼との結婚を決意します。

    余命2年を跳ね返すように、スティーブンは生き続け、ジェーンとの間に3人の子供をもうけ、物理学者としても大成していきます。

    しかし、それでも、病気はゆっくりと進行していき、歩くことも、着替えることも、食事も取ることも、生活に関わるあらゆることが、自分一人では出来なくなってゆく。
    それは、介護者としての妻ジェーンの負担が増えていくということでした。

    夫のために、世の中を知らないうちから、研究も、仕事も、普通の生活も諦めたジェーン。疲弊していく彼女をみかねた母は、息抜きのためにも、教会の聖歌隊に入ることを勧めますが…。

    真面目に取り組めば取り組むほど降り積もる介護者の疲弊、介護者と被介護者の認識の違い、いつしか生まれる心の距離、形を変えても存在する愛情などが、レトロで上品な映像の中に、きちんと盛り込まれています。

    ただ、伝記映画は、当事者たちが生きているうちに作るものではないのかなあ…というのが正直な感想。(2014年劇場公開時点で、70歳を越えたスティーブンも、ジェーンも、その子どもたちもご存命)

    個々人の考えていることも、苦しみも、悩みも、揺らぎも、決して描いてないわけではないですが、主要人物みんなが、「言葉を交わさなくてもお互い解りあってる」という前提で、決定的な感情の交錯や衝突は持たないままに、スルスルと理解よく進んでアッサリ終わってしまっている感は否めません。

    そもそも、原作がジェーン本人によるものだそうなので、夫婦の諍いや破綻について、恥を晒すような生々しい書き方はしていないのかもしれません。

    とはいえ、愛の形も関係の変容も人それぞれ…と思えば、始まりから終わりまでとても綺麗にまとめあげられ、負担なく観られる作品です。

    ホーキング博士の研究テーマの一つであった「時間的概念」が、ラストシーンに巧みに盛り込まれているのも印象的です。

    日々動かなくなり段階的に変わっていく体の機能と、反して、冴え続けていく頭脳を持つスティーブンを演じた、エディ・レッドメインの演技も、見応えがあります。

    比較的薄味なつくりですが、魅力的な点も多く、近年の映画にしては、珍しく2時間を超えないので、興味がある方にはいいですね。

  • ★★★★★it was amazing
    『博士と彼女のセオリー』 ジェームズ・マーシュ監督
    The Theory of Everything

    ホーキングとジェーンは”愛”を超越した何か?で結ばれた気がした。
    もっと深い繋がりで互いに想う気持ち
    夫婦でなくなっても消えない2人にしか分からないもの

    there is no God. No one created the universe
    and no one directs our fate. by Hawking
    神はいません、誰も宇宙を創造してしていない
    誰も私達の運命を決めていない

    神を信じないホーキングが敬虔なキリスト教徒ジェーンとの出会い
    余命2年と宣告された彼は76歳で生涯を終えたのです
    科学では”神”の存在は証明できませんが
    ジェーンとの別れも、ジェーンへの感謝であり、
    ジェーンの解放は、神への感謝のように思えました
    ホーキングは神の存在を信じていたのではないのでしょうか?

  • エディ・レッドメインの演技力に驚いた。
    あれだけの半生も二時間で綺麗にまとめられていて凄い。
    奥さんの変化や行動には怖さもあったが、納得と言うか、誰もがそうなり、でもあそこまで強くはなれないと思った。

  • じぇーんがつよい女性で ああなりたい
    ホーキングの ユーモアも 見習いたい

  • 『奥さんは最後まで彼を愛し、支え、最後に賞を受賞し幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。』じゃない、もっと生々しい葛藤があってそこがリアルでとても良かった。

  • レンタル

    ホーキング博士はこの状況でも卑屈にならないし、ユーモアを忘れない。
    すごいと思う。
    友達も障碍者であるホーキング博士にごく普通に接する。
    世界はこうあるべき。

    途中から奥さんがキツそうになってくる。
    当たり前…。
    最後にはお互いに別々の人生を歩む。
    これがリアルだと思う。
    でも愛があったからこそここまで来れたし、頑張れた。

  • 天才が病気になり支える妻、という構図で『ビューティフル・マインド』を思い出したけど、向こうがやや美談調なのに対してこちらは自分の人生がない、というジェーンの苦悩とかそういったこともきちんと描いているのが良かった(『ビューティフル・マインド』も、これはこれで面白いしいい映画ではあるけど)。エディ・レッドメインの演技がすごい。

  • 実在の人物を演じた俳優ばかりがアカデミー主演賞を獲る風潮には眉をひそめる人間ですが、本作のエディ・レドメインの演技には舌を巻かざるを得ないなぁ。体も口も満足に動かせないのに脳だけは常人をはるかにしのぐ動きをしているという、スティーブン・ホーキングという人に興味が尽きません(もう少し彼の天才性を描いてくれたらいいのに、とも思いますが)

    「夫を献身的に支えた妻」というありがちな話(?)かと思いきや、彼女の苦悩と迷いも隠すことなく描かれ、結局離婚して他の男と再婚してしまうという展開に。単純な美談にしなかったところの潔さ、それによって生まれた物語のリアリティは評価すべきかと。

  • エディ・レッドメインは作品にも恵まれるし、
    何よりどんどん演技が素晴らしくなっていってる

    凄く素敵な俳優ですね
    アカデミー主演男優賞、ノミネートも初のディカプリオ受賞で
    ならなかったけど…リリーのすべても本当に凄かった

    ホーキンス氏のことをどれだけ勉強して挑んだんだろう
    って程に、演技が彼を物語ってたようにおもう
    本当に病なのでは、と

    実際のホーキンス氏のこともちょっと調べたけれど、
    そうかこの夫婦は仲睦まじく暮らしたわけではなかったんだね
    仲は破綻した訳では無いけれど、別の道を歩んだということに
    少々驚きました
    他の方も書いていたように、このような実話を基にした作品では
    ビューティフル・マインドが思い出される
    ナッシュ、結局ご夫婦は授賞式の帰りにご夫婦共に事故で
    帰らぬひととなりましたね
    彼は最期までずっと一緒だったけれど、ホーキンス氏は違った

    とにかく、他の作品(特にやはりレ・ミゼラブル)でのエディも
    だけれど、今作のエディはとっても素敵でした、感動しました

  • 16/03/04
    愛って切ない。愛って尊い。
    序盤のジェーン可愛すぎる。あの外にくるんてしてる髪型のなんて可愛いこと!

全40件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

博士と彼女のセオリー [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする