難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [Kindle]

  • 文響社
4.13
  • (76)
  • (96)
  • (40)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 777
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (329ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Amazonプライムリーディングにて読了。
    投資についてズブの素人が専門家と対話式で知識を深めていく内容。
    かなり分かりやすい上に、銀行や保険会社の手口が説明されているのですごくオススメ。
    お金の大学に並んで、いま巷にある本では良書と言えると思う。

  • あまりお金のこと知らない「銀行のカモ」と評されたインタビュアーと、お金のことなら何でもござれの先生との対談形式。とてもわかりやすい。

    【安全にお金をもっておくには】
    ・外貨預金は絶対にやらないほうがいい
    ・個人向け国債と株式の投資信託だけをやる。金・先物・FXなどには手を出さない
    ・銀行に預けておくより国債のほうがつぶれる心配もないし金利も高い

    【ちょっとリスクをとって運用するには】
    ・投資信託(インデックス型)一択
     -信託報酬の安いものを選ぶ
     -販売手数料が安いネット証券で買う
     -毎月分配型は選ぶな
     -過去の成績はあてにならない
     -アクティブ型がインデックス型の平均実績を上回ったことはない
     -著者おすすめ投資信託
      ①上場インデックスファンドTOPIX
      ②ニッセイ外国式インデックスファンド
     -NISAを活用しろ(利益に20%課税されるのが非課税になる)
      (→積立NISAも新しくできてるよ!)
     -持っている資産を「当面の生活資金」、「安全運用資産」、「リスク運用資産」に分ける
     -「リスク運用資産」を「国内インデックス」と「海外インデックス」に5:5の割合で。値動きに合わせて調整しながら買い足す

    【その他】
    ・マイホームよりは賃貸がおすすめ
    ・男性は結婚するなら稼いでる女性としろ
    ・確定拠出年金をフル活用したほうがいい

  • 資産形成をしようと、とりあえず半年前にロボアドを始めた。大体慣れ始めて、次の段階にいこうと、この本を読んだ。
    背中を押されて証券会社口座をつくって実際に投資信託を買ってみた。
    この次の段階に進むのにはまた別な本が役立ったが、この本を早い段階で読んでその通りにしてよかった。
    こういう本は信頼できるかどうかがキモだと思うので、十分信頼に足る良書であったと思う。
    あとは自分の勉強次第だと思うので頑張ります!

    確定拠出年金とNISAを始めようと思った。
    ソーシャルレンディングで運用してるが、少しおちついて着実な資産形成を考えようと反省。

    お金が必要なときは躊躇なく売れ
    銀行を信用しない
    家買わない
    保険はいらない
    ローン組まない。組んだなら株とかやってないでローンをとにかくはやく返せ
    宝くじ買わない
    は、改めて腹落ち。

    マネーリテラシーを身に着けたい入門書として最適。
    口座開設や買い方もスクショが載ってるので助かる。見ながら真似して手続き進めようと思う。
    疑問に思うことを聞く聞き手が自分(ド素人)と同じレベルなので、「そうそう!それ聞きたかった!」ていうのを聞いてくれて進むので親しみやすい。
    お金のことを語るのって勇気や責任がかかるのに、よくここまでバッサリいいきってくれたなー親切だなーと思う。
    とはいえ、最後に信じるのは自分自身。
    まずは運用資金作るためにも真面目に労働、働くこと。
    そしてお金を増やすことばかりでなく、使って人生楽しみたいもんですね!

    -----------------------------------
    著者に対する批評等もありますが、投資は自己責任なので、あくまでも私はこの著者を参考にしてみたということなので、あしからず(チキン)

  • インデックス投資を始めるためのステップが具体的に示されている。他の本では投資の配分はあくまで読者の判断に任せますよ、というスタンスが多いが本書は端的にこれは不要、これがおすすめ、など言い切ってくれるのが分かりやすい。また、対話形式での説明が読み進めやすい。

  • amazonプライムで無料だったのでとりあえず読んでみた。……あっという間に読み終わり、あとになにも残らない奇跡の本だった。
    書いてある内容はぼくの中では半ば常識化していて、すでに実践しているものばかり。もっと突っ込んだ解説を読まないとこの手の本は読む価値がない。

  • すっと内容が入ってきて、初心者にも読みやすかったです。
    お金の勉強を始めたい自分にとっては、とても良い本でした。

  • めちゃ良かった

  • サクッと読めた
    概要を理解できたので、投資に使えるお金をとりあえず貯めて一気にガツンと買えるようにしたい

    わかりやすく、わからなくなったらまた読みたいと思う

  • アマゾンのキンドルアプリで無料で読めました。5年前の本なので、もちろん最新情報ではありませんが、色々な金融商品や、銀行、証券、保険会社などの大まかな仕組みが説明されていて、今後の金融機関や投資の選択に役立つと思いました。対話形式の文章が分かりやすく、楽しく読み進めることができました。
    本の中ほどのページに、お金が必要になったとき、買値にこだわらず、躊躇なく売れとあります。過去(買ったとき)より未来(今やりたいことに必要なお金)が大事だからというような説明です。ここが今ひとつ、自分の中では消化不良です。(ウェブで検索すると、山崎さんのもっと詳しい説明を見つけることはできます。)

  • 2017ねん発行だから変わってる制度はあるかもしれないが、考え方自体参考になるのでおすすめ

全80件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山崎 元(ヤマザキ ハジメ)
経済評論家
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、株式会社マイベンチマーク代表。1958年北海道生まれ。1981年東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、野村投信、住友生命保険、住友信託銀行、シュローダー投信、NBインベストメントテクノロジー、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、第一勧業朝日投信投資顧問、明治生命保険、UFJ総合研究所と、12回の転職を経て現職。資産運用及び経済全般の分析・評論を専門とする。『ファンドマネジメント』(きんざい)、『全面改訂 超簡単お金の運用術』(朝日新書)、『確定拠出年金の教科書』(日本実業出版社)、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(文響社)など著書多数。

「2019年 『人生にお金はいくら必要か〔増補改訂版〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山崎元の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
カイザー・ ファ...
有効な右矢印 無効な右矢印

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を本棚に登録しているひと

ツイートする
×