難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [Kindle]

  • 文響社
4.14
  • (42)
  • (49)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (329ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あまりお金のこと知らない「銀行のカモ」と評されたインタビュアーと、お金のことなら何でもござれの先生との対談形式。とてもわかりやすい。

    【安全にお金をもっておくには】
    ・外貨預金は絶対にやらないほうがいい
    ・個人向け国債と株式の投資信託だけをやる。金・先物・FXなどには手を出さない
    ・銀行に預けておくより国債のほうがつぶれる心配もないし金利も高い

    【ちょっとリスクをとって運用するには】
    ・投資信託(インデックス型)一択
     -信託報酬の安いものを選ぶ
     -販売手数料が安いネット証券で買う
     -毎月分配型は選ぶな
     -過去の成績はあてにならない
     -アクティブ型がインデックス型の平均実績を上回ったことはない
     -著者おすすめ投資信託
      ①上場インデックスファンドTOPIX
      ②ニッセイ外国式インデックスファンド
     -NISAを活用しろ(利益に20%課税されるのが非課税になる)
      (→積立NISAも新しくできてるよ!)
     -持っている資産を「当面の生活資金」、「安全運用資産」、「リスク運用資産」に分ける
     -「リスク運用資産」を「国内インデックス」と「海外インデックス」に5:5の割合で。値動きに合わせて調整しながら買い足す

    【その他】
    ・マイホームよりは賃貸がおすすめ
    ・男性は結婚するなら稼いでる女性としろ
    ・確定拠出年金をフル活用したほうがいい

  • 素人の私にも分かりやすい解説でした!

  • 資産運用について初心者でも分かりやすく、読んだ後すぐに運用できる内容です
    内容は大体、国債を長期で買う、インデックスファンドの投資信託を海外と日本に分けて買う、楽天証券おすすめ

  •  資産運用のやり方を、難しことは何もなく教えてくれる本。
     安全にコツコツが投資でも大事だと感じた。一攫千金を求めて、FXだ先物だと手を出すとリスクが大きいので、寝かせて増やすのが一番安全だ。
     あまり知らなかった確定拠出年金の話や、銀行や保険についても書いてあり面白かった。
     資産運用するほどの貯金はないのが、いつか金が貯まったらこういう風に使っても良いと思った。寝かせているだけでは世界が回らないし、日本は預金をしている人が多いのでいつかは資産運用もメジャーな手段になるだろう。今のうちに勉強しておいたほうが、のちのち楽かもしれない。

  • お金に関して知識のない人に経済ジャーナリストで楽天証券に勤める山崎元が指南するという形式。

    難しいことを考えずに運用できるようにわかりやすく解説しており、とても参考になった。

  • これまでいくつか講座も受けたこともあったけれど、イマイチピンと来なかった部分を著者の大橋さんがとてもいい具合に質問してくれていて、山崎さんの回答も非常にわかりやすかった。
    そう、対談式なのがよりわかりやすくなっている。
    私も早く口座開いて早速始めます。

    2018.11.29

  • このシリーズ、ほんとわかりやすい
    今では主婦もイデコ入れるし時代は変わってきてるけど、早い内に国債と合わせて始めよう
    早く働いて金銭的に自立したい

  • <安全にお金をもっておく編>

    外貨預金 は 絶対 やら ない ほう が いい。 預金 っていう 名前 が つく から、 安全 だ と 思っ て はじめる 人 が いる ん だ けど、 完全 に 銀行 の カモ だ から」

    ・個人向け 国債 と 株式 の 投資信託 だけを やる。 金 とか 先物 とか F X とか それ 以外 の 金融商品 は 手 を 出さ ない。

    <ちょっとリスクをとって運用する編>

    ▼ [ 投資信託 を 買う とき の ポイント]
    ・運用 管理 費用( 信託報酬) の 安い もの を 選ぶ。
    ・販売 手数料 の 安い チャネル( ネット 証券) で 買う。
    ・毎月 分配 型 を 選ば ない。
    ・ファンド の 資産 規模、 流動性 を 確認 する。
    ・過去 の成績 で 選ば ない。

    おすすめ投資信託
    ①上場インデックスファンドTOPIX(国内株式の投資信託)
      =  「 TOPIX( 東証株価指数)」 に 連動
    ②ニッセイ外国式インデックスファンド(海外株式の投資信託)
      =  「 MSCI コクサイ インデックス」 に 連動

    ▼日 経 平均 と TOPIX の 違い
    日 経 平均…… 東証 一部 上場 の 225 銘柄 の 株価 を 単純 に 平均 し た もの。
    TOPIX…… 東証 一部 に 上場 し て いる 全て の 会社( 1800 以上) の 株価 を 加重平均

    ▼投資信託の手数料
    ・販売 手数料( 買う とき に 一度 だけ かかる お金)  
    → ネット の 証券口座 で 購入 する こと によって、 値段 を 下げ られる。
    ・運用 管理 手数料( 持っ て いる 間 払い 続ける お金)  
    → 運用 管理 手数料 の 低い 投資信託 を 選ぶ。

    「運用 管理 手数料( ランニング コスト) は 証券会社 や 運用 会社 の 懐 に 入る もの だ から、 これ は 投資家 にとって 確実 な マイナス に なる。 どの 投資信託 自体 が 上がる か 下がる か わから ない 以上、 運用 管理 手数料 が 低い ところを 選ぶ のが 合理的 だ し、 逆 に 言う と それ くらいしか 改善 できる 差 は ない」

    「『 誰 も どの 金融商品 が 上がる か 下がる かは 当て られ ない』 という こと を 認識 し て いれ ば、 やる べき こと が 見え て くる。 投資信託 で 言え ば 手数料 を 下げる こと。 改善 でき ない こと を 頑張る のは 無駄 だ から、

    ▼まとめ
    ・おすすめ の 投資信託 は「 ① 上場 インデックス ファンド TOPIX」 と「② ニッセイ 外国 株式 インデックス ファンド」 ・投資信託 の 判断 基準 は、 とにかく 手数料 が 安い もの。 ・どの 投資信託 がより 儲かる のかは 誰 にも わから ない。

    ・過去 の 実績 では インデックス ファンド の 平均 が アクティブ ファンド を 上回っ た こと は ほとんど なく、 今 まで 運用成績 が よかっ た アクティブ ファンド でも、 これから も 成績 が よい かは 事前 に わから ない ので アクティブ ファンド

    ▼資産 形成 の 考え方
    ×   利回り を 毎月 の 生活費 に あてる
    ○   生活費 は 給料 から 捻出 し、 残り を 資産運用 し て 病気 や 老後 に 備え て おく

    ▼[ まとめ]
    ・毎月 分配 型 の 投資信託 は 買わ ない。 ・買っ た 投資信託 は ずっと 持っ て おき、 いざ という とき に 備える。 ・使う 必要 が ある とき は 躊躇 なく 売る。 ・売る とき は、 買い 値 に こだわら ない( 買っ た 価格 より安く ても 売る)。

    <お金を使う編>

    ▼住宅 を 購入 し た とき の メリット と デメリット
    【メリット】
    ・自分 の もの に なる。 なる という 精神的 効用。
    ・家賃 を 払わ ず に 済む。
    【デメリット】
    ・ローン( 借金) を 組む ため、 現金 で 買う よりも 銀行 の 儲け 分 だけ 損する。
    ・自分 の もの に なっ ても 価値 が 残り づらい。
    ・維持 コスト が かかる。
    ・売っ たり 貸し たり する のが 面倒( すぐ に 現金 に 換え られ ない)。

    ※補足
    『 自分 の もの に なる』 という こと を 過大評価 し すぎ。 君 みたい な タイプ は 銀行 の 奴隷 に なる よ」

    家 を 買う ため に 銀行 で ローン を 組む と、 生命保険 に 入ら さ れる からね。 銀行 から し たら 何 千万 も 金 を 貸し た のに 死な れ たら 困る でしょ う。 だから、 生命保険 に 入ら ない と ローン が 組め ない。『 死ん ででも 金返せ』 って こと だ もん。 これ って 完全 に 奴隷

    新築 マンション は 価格 の 約 3 割 は 経費 と 売る 側 の 利益 だ と 言わ れ て いる。 だから、 買っ た 時点 で、 3 割 引き の 価値 しか ない。 つまり 4000 万 で 買っ たら、 住ん だ 瞬間 に 2800 万 に なる と 思っ て いい

    ▼[ まとめ]
    ・資産 価値 と 支払う 金額 を 正しく 比較 し て、 家 の 購入 を 検討 し なけれ ば いけ ない(「 家賃 を 払わ ず に 済む」 という 理由 だけで 家 を 買っ ては いけ ない)
    ・とくに ローン を 組む と 銀行 の 金利 分 だけ、余計 に お金 を 払う こと に なる。
    ・家 は 買わ ない ほう が 無難 な こと が 多い。 特に これから 人生 が 動く 人 は。
    ・もし 買う なら 新築 マンション を 避け、 ローン を なるべく 早く 返す こと。

    <医療保険 に 入る 必要 は ない、 これ だけの 理由>

    ▼全額 保障 型 医療保険 の 一般的 な デメリット
    ・毎月 支払う 保険料 が 高い。
    ・途中 解約 の 場合、 今 まで 払っ た 保険料 を 下回っ て 戻っ て くる ので、 途中 で 見直し が し づらい。
    ・インフレ が 進ん だ 場合、 将来 の 価値 は 減て いる 可能性 が ある。( 仮に 1000 万 円 を 貯蓄 し ても、 満期 の とき に 1000 万 円 の 価値 が ない かも しれ ない) ・将来 保険会社 が 存続 し て い ない 可能性 が ある。

    ▼[ まとめ]
    ・保険 に 加入 し て 支払う 保険料 には 保険会社 の 利益 が のっ て くる ので「 損 な 賭け」 で ある。
    ・健康保険 加入 者 は「 高額療養費制度」 を 受け られる ので、 保険 適用 内 の 医療 で あれ ば 毎月 払う 金額 の 上限

    ※補足
    保険会社 は 全部 を 詐欺 だって 証明 する のは 難しい から、 あらかじめ 詐欺 を 受ける こと を 想定 し て 保険料 を 決め て いる。
    つまり、 君 が 保険会社 に 払う お金 の 半分 は、 人件費 や 広告 費 に 使わ れ て いる と 思っ た ほう が いい
    「やっぱり 保険会社 の 懐 に 入る 手数料 や、 どう やっ て 運用 し て いる か、 中身 が 不透明 で ある 以上、 絶対 入る べき では ない!   これ に 反論 が ある 保険会社 は 保険料 を どう やっ て 計算 し て いる か、 消費者 が 中身を 比較 できる よう に 具体的 な 商品 の データ を 見せ て ほしい!」

    <生命保険 は 入っ た ほう が いい の?>

    ▼生命保険 に 入る 場合 の ポイント
    ・ネット の 保険会社 を 比較 し て 安い ところ で 入る
    ・子供 が 自立 する までの 10 年 ~ 20 年 の 間、 掛け 捨て 型 に 入る
    ・死亡 保障 のみ の 保険 で、 特約 の ない シンプル な もの に 入る

    ▼[ まとめ]
    ・自分 が 死ぬ と 家族 が 路頭 に 迷う。 そんな 人 だけが 生命保険 に 入る。
    ・生命保険 に 入る 場合、 ネット の 生命保険 の 会社 で 10 年 ~ 20 年 くらいの 掛け 捨て 型、死亡 保障 のみ の、 特約 の ない シンプル な もの に 入る。 ・保険料 を 抑え た 分 は 貯蓄 に 回し て、 万が一 の とき の ため に 備え て おく。

    ※補足
    遺族年金 制度   国民年金 または 厚生年金 の 加入 者 が 死亡 し た 場合、 配偶者 や 子 などに お金 が 支給 さ れる 制度

    <NISA>
    NISAとは・・・
    「満 20 歳 以上 で、 国内 在住 者 だっ たら、 一 年間 に 100 万 円(※) までの 投資 に対する 利益 が 5 年 の 間、 非課税 という こと」

    お金 を 運用 し て 得 た 利益 には 税金
    ・・・厳密 に 言う と 20・315%

    ▼[ まとめ]
    ・金融商品 を 売っ て 得 し た 利益 には、 約 20% の 税金 が かかる。
    ・NISA なら 100 万 円 までの 投資 額 に対して、 5 年間 は 税金 が かから ない。    
    ※ NISA の 非課税 枠 は 2016 年 より 120 万

    「投資信託 の ところ で 話し た けど、 自分 で できる 最大 の 努力 は コスト を 下げる こと。 税金 は 手数料 と 一緒 で 確実 な マイナス リターン だ から、 極力 減らす。 よって NISA は 最大限 に 利用 し た ほう が いい。 ただ、 まだはじまっ た ばかりの 制度 だ から、 今後、 制度 が 変わっ て、 5 年間 の 制限 が 延び たり、 100 万 円 の 枠 が 増え たり する かも しれ ない。 だから 最新 情報 を チェック し て おく こと」

    <資産配分(いくら 投資 する か 決める)>

    ▼[ まとめ]
    ・持っ て いる 資産 を「 当面 の 生活 資金」 と「 安全 運用 資産( A)」 と「 リスク 運用 資産( B)」 の 3つ に 分ける
    ・「 リスク 運用 資産( B)」 に あてる 額 は 最悪 1/ 3 に なっ ても いい 金額 から 逆算 する(する( 例、 一年 で 100 万 円 減っ ても いい なら 300 万)。
    ・1/ 3 に なる 確率 は 約 2・3%、 2・3% が いい ほう に 起これ ば 43% アップ。 平均 する と プラス 5% を 目 指せる。 ・毎月 少し ずつ 買わ ず に 一気に 買

    ※補足
    「ポイント は 国内 と 海外 を 半々 ずつ 買う こと。 さっき 教え た インデックス ファンド の ① と ② は それぞれ 国内 と 海外 だ から、 リスク 運用 資産 が 100 万 以下 の 人 は NISA の 枠 を フル に 使っ て 半々 ずつ 買え ば

    <積み立て 投資 について>

    ▼どれぐらい投資信託に投資すればいいのかシミュレーション
    https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

    ・インデックス ファンド に 積み立てる なら、 NISA の 非課税 運用 枠 の 100 万 円 と、 これから 説明 する 確定拠出年金 を フル に 使う こと」

    ・国内 と 海外 の インデックス ファンド が 全体 で 半々 に なる よう に 買い 足す
    →「今後 投資 する とき も、 基本 的 には 国内 と 海外 の インデックス ファンド を 半々 ずつ 買え ば いい ん だ けど、 今 まで 買っ た インデックス ファンド も 株 だ から 当然、 値動き が ある。 だから 時間 が たつ と 国内 と 海外 が 半インデックス ファンド も 株 だ から 当然、 値動き が ある。 だから 時間 が たつ と 国内 と 海外 が 半々 で なく なる こと が ある。 その とき に 全体 が 5: 5 に なる よう に 投資 する。 これ を『 リバランス』 と 言う

    ▼ [ まとめ]
    ・目標 額 に あわせ て、 毎月 の 積み立て 額 を 決める。
    ・平均 で プラス 5% くらいの 運用 が できる と 考え て、 将来 の 見通し を つけ て おく。
    ・時間 が たっ て、 半々 で なく なっ ても 4: 6 ~ 6: 4 の 間 に収まっ て いれ ば いい。 ・次に 買い 足す とき は 5: 5 に 近づく よう に 買う。

    <年金と確定拠出年金編>

    ▼年金を知る
    年金 の 種類
    (1) 国 の 年金…… 給料 から 引か れる 公的年金( 会社員 は 厚生年金、 公務員 は 共済、 自営業 は 国民年金)
    (2) 企業 の 年金…… 企業 が 運用 する 年金
    (3) 個人 の 年金…… 保険会社 などが 運営 する 年金

    ※年金は税金 でも まかなっ てる の。 つまり 君 が 払っ て いる 消費税 も 年金 の 財源 に なっ て いる。 だから、 年金 を 支払わ ず に、 年金 の 受給 資格 を 失っ て しまう 若者 は、 払っ た 税金 分 を 損 し て いる とも 言える

    ▼ [ まとめ]
    ・年金 には 国 の 年金( 公的年金)、 企業 の 年金、 個人 の 年金 が ある。
    ・個人 の 年金 は 入ら なく て いい。
    ・受給 する 年金 は 税金 からも 賄わ れ て いる ので、 公的年金 を 払わ ず、 受給 資格 を 失っ て しまう の


    <確定拠出年金とは>

    確定拠出年金 とは、 おお ざっぱに 言う と、 60 歳 以降 に 下ろせる 積み立て 貯金。 毎月、 給料 から 天引き さ れ た 分 が 所得控除 に なる から、 所得税 とか 住民税 が 安く なる

    それ に 確定拠出年金 の 運用 で 儲かっ た 分 の 税金 は、 運用 期間 中 に 限っ て NISA と 同じく 非課税。 しかも NISA は 5 年 だ けど、 確定拠出年金 は 期間 に こう いっ た 制限 が ない

    ▼デメリット
    「入れる 人 が 限ら れ て いる こと と、 取り扱っ て いる 金融機関 も 少ない。 それ と 年金 だ から 原則 として 60 歳 まで おろせ ない って こと

    ▼ [ まとめ]
    確定拠出年金 とは
    ・掛け金 の 分 だけ 所得税 や 住民税 が 控除 さ れる。 ・NISA と 同じく 儲かっ た 分 は 非課税。
    ・60 歳 までは 原則 おろせ ない。
    ・加入 できる 人 が 限ら れ て いる( 公務員 や 主婦 は いま の とこ加入 でき ない)。
    ・商品 ラインナップ が 少ない。

    ▼利用するには
    確定拠出年金 の タイプ
    公務員、 主婦   ─ ─   加入 でき ない( 近い 将来、 変わる 可能性 が ある)
    自営業   ─ ─   個人 型  ( 国民年金 に 加入 し て いる こと が 条件)
    会社員   ─ ─   企業 型   o r   個人 型   or   加入 でき ない

    「会社員 の 人 は 自分 が 企業 型 なのか 個人 型 なのか、 あるいは どちら も 入れ ない のか 会社 に 聞け ば いい」

    確定拠出年金「 企業 型」 の 運用 方法( 企業 型… 会社 で 自動的 に 入ら さ れ て いる 人) 国内 株式 の インデックス ファンド と 海外 株式 の インデックス ファンド が 資産 全体 で 半々 に なる よう 投資 する。

    もし会社がなかった場合は?

    「そういう 人 は、 自分 で 個人 型 の 確定拠出年金 に 申し込む 必要 が ある。 それで、 上限 の 毎月 2 万 3000 円( 年間 27 万 6000 円) まで 年金 の 掛け金 に し て、 さっき 決め た 毎年 の 積み立て 額『 100 万 円』 の う27 万 6000 円 は、 確定拠出年金 として 積み立て て いく。 そう する と、 その 分、 所得税 控除 が 受け られる。 所得税 を ざっくり 20% と 計算 する と、 年間 で 約 5 万 円 くらいの 節税 効果 が ある」

    「個人 型 も 一緒 で 株式 の インデックス ファンド に する べき。 手数料 の 安い もの を 探し て 入れ ば いい。 それで リスク 運用 資産( B) が 国内 と 海外 の 半々 に なる よう に する。 その 際、 確定拠出年金 では 外国 株式 の インファンド を 割り当てる と いい よ」

    ▼ [ まとめ]
    ・確定拠出年金 は 対象 者 が 限ら れ て いる ので、 自分 が 対象 か どう か チェック する。
    ・個人 型 でも 企業 型 でも 資産 全体 が 国内外 の インデックス ファンド で 半々 に なる よう に 投資 する。
    ・その 際、 確定拠出年では 外国 株式 の インデックス ファンド を 割り当て た ほう が よい こと が 多い。
    ・確定拠出年金 は まだ 始まっ た ばかりの 制度 で、 今後 制度 が 変更 に なる 可能性 が ある ので 情報 を チェック する。

    <確定拠出年金の始め方>

    ▼どの 金融機関 に し ても 必ず かかる 費用( A の 内訳)
    ・共通   初期 費用   2777 円   国民年金基金連合会   月額 費用   64 円   信託銀行
    ・掛金 を 払う 人 のみ( 自動 引 落手 数 料 として)   月額 費用   103 円   国

    ▼ [ まとめ]
    ・確定拠出年金 でも 投資 する のは 株式 の インデックス ファンド。
    ・確定拠出年金 は「( A) 国 の 機関 に 払う お金」「( B) 銀行・証券会社 に 払う お金」「( C) インデックス ファンド の 運用 管理 手数料」 などの 手数料 が か
    ・証券会社 は「( B) 銀行・証券会社 に 払う お金」「( C) インデックス ファンド の 運用 管理 手数料」 の 兼ね合い で 選ぶ。

    <お金 で 一番 大切 な こと は 何?>

    ※補足
    これから は 一つ の 会社 に しがみつく のは 安全 でも 効率的 で ない。 どんな 大 企業 だって、 いつ リストラ さ れる か わから ない し、 その 会社 が なくなる かも しれ ない。 だから、 自分 の 能力 を 高め て、 他 の 企業 でも やっ ていける スキル を 身 に つけ て おく こと は、 お金 を 運用 する こと 以上 に 大切
    これから の 時代、 どんな 状況 に なっ ても 働く 術 を 持っ て いる こと は 最強 の 保険 に なる


    <最後、結局やること>

    ポイント
    ・FX も 個別 株 も 買わ ない。 外貨預金 もやら ない。 手数料 の 安い インデックス ファンド だけに 投資 する。
    ・保険 には 入ら ず、 入っ た と 思っ て 運用 に まわす。 何 か あっ た とき は 貯蓄 から 使う。
    ・確定拠出年金 に 入れる人 は 上限 まで 利用 する。
    ・NISA も 確定拠出年金 も はじまっ た ばかりの 制度 なので、 制度 の 変更 が ない かは 今後 チェック する。

    <終わりに>
    お金 に 限ら ず、 人生 で 大切 な 物事 を 考える 際 に 大事 なのは、 物事 を「 程度 の 問題」 として 理解 する こと です。 何 かを「 信じよ う」 として は いけ ませ ん。 現実 の 世間 では「 信じる 者 は 救わ れ ない」 の です。 信じること は、 危険 です。







  • 本書は、大手通信会社をやめて編集者となった投資初心者の大橋弘祐氏が、経済評論家の山崎元氏に投資初心者向けの投資のやり方について聞いた本です。
    形式的には対談形式ですが、一方的に教示を受けるという内容になっています。

    大橋弘祐氏がSBI証券に口座を開いたり(山崎元氏は楽天証券勤務)、山崎元氏も手数料の高い商品を進めていなかったりと、よくありがちな投資を促すだけの広告本とは違い、本当に初心者向けの丁寧な内容になっていることが実感できた。

    特に、
    ・運用で一番大切なことは「きちんと働くこと」
    という大前提があって、さらにとりあえずの方針として、
    ・個人向け国債
    ・投信
     上場インデックスファンドTOPIX
     ニッセイ外国株式インデックス・ファンド
    ・NISA、確定拠出年金を活用
    といったあたりがそう感じた。

    FXも個別株もまったく買わないので「投資ゲーム」としてはつまらないが堅実な方法である。

  • 読み終わりました。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年北海道生まれ。1981年、東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、野村投信委託、住友生命保険、住友信託銀行、シュローダー投信、NBインベストメントテクノロジー、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、第一勧業朝日投信投資顧問、明治生命保険、UFJ総合研究所に勤務。また、2016年まで6年にわたり獨協大学経済学部特任教授として教鞭を執った。現在は楽天証券経済研究所客員研究員をつとめつつ、精力的に執筆・講演を行っている。著書多数。

「2017年 『図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!のその他の作品

山崎元の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
松下 幸之助
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を本棚に登録しているひと

ツイートする