ジャイロスコープ(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.17
  • (1)
  • (6)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 113
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (166ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2019.6.13 ★3.5
    伊坂幸太郎の短編集。
    『一人では無理がある』と『彗星さんたち』が良かった。

    ↓↓↓内容↓↓↓
    助言あります。スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件の“もし、あの時……”を描く「if」。謎の生物が暴れる野心作「ギア」。洒脱な会話、軽快な文体、そして独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。書下ろし短編「後ろの声がうるさい」収録。

  • やっぱ面白いよな~

  • 伊坂さんのお話は口当たりがなめらかなので、短編だと味わう前に消えてしまう。長編とか連作で読んで、まとめて噛んで味わうのがベストだと思う。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

ジャイロスコープ(新潮文庫)のその他の作品

伊坂幸太郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする