パパが遺した物語 [DVD]

監督 : ガブリエレ・ムッチーノ 
出演 : ラッセル・クロウ  アマンダ・セイフライド  アーロン・ポール  ダイアン・クルーガー  クヮヴェンジャネ・ウォレス 
制作 : ブラッド・デッシュ 
  • ギャガ (2016年4月2日発売)
3.41
  • (3)
  • (19)
  • (22)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921402309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 父娘が幸せに暮らした過去と、成長した娘が心の傷を癒やせず苦しむ現代パートが、自分が思うほどは繋がらず感情移入できず。
    子役の演技が素晴らしかったのと、『ブレーキング・バッド』のジェシーが真面目な役をやってるのが自分的にツボったw

    3.2点

  • パパは障害を抱えながらも娘を誰よりも愛していたし、ケイティがなぜこんな風になったのか、私には最後まで理解できなかった。全体的な流れにはとても惹きつけられるものがあったので、いつか解明されるのではと期待しながら見ていたから何だか消化不良。子役の少女はとても良かった。

  • 2016/08/26

    原題はFathers and Daughters。小説家の父親が娘に遺した遺作だ。複数型で特定されていないのには理由があるのだろうか。日本語タイトルとはだいぶ印象が違う。
    娘はTED2やTIMEに出ていたアマンダ・サイフリッド。シェイムのようなセックス依存症の女性を演じている。

  • はじめ、時間の表現にとまどうけど、とてもいい話。

  • ストーリー
    過去のトラウマから、愛を見失ってしまったケイティ。
    自暴自棄な日々を過ごし、人と深い関係を築くことを避けてきた彼女は、ある日、作家だったケイティの父ジェイク・デイヴィスの大ファンだという青年キャメロンと出会い、恋に落ちる。
    ケイティは過去と向き合い、新しい人生に踏み出そうとするが・・・。次第に明かされていく過去の事件と、あまりに純粋な父と娘の愛の物語。
    そしてケイティに遺された、父の最後の小説とは―。

  • 苦しいつらい作品でした。ムスメさんがいる方は特につらいかと。
    でも、心の奥底があついというか、希望はある作品でした。

  • 家族愛、親子愛、子供への愛を感じた。

    Blueray で見たが特典映像のインタビューなども面白かった。

  • 飛行機の中で鑑賞。
    ぜんぜん期待していなかったけど、うるっとくる感じで良かったです。
    内容は、父子家庭の親子とその25年後の娘の話が交互に進みます。
    何があっても娘を守ろうとする父親の姿が痛々しいほどですが、そこが良かったです。

  • カーペンターズのclose to youが良い。

  • 号泣でした。
    父と娘の愛。
    アマンダはやはりこういうドラマ系の映画が似合います。

全23件中 11 - 20件を表示
ツイートする