新米姉妹のふたりごはん1 (電撃コミックスNEXT) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
3.97
  • (13)
  • (4)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ5巻までしか出てないので、全巻、紙で揃えて追いつきます(決定事項)。
    とにかく百合百合しくて、1話読むたびに幸せな気分になれる作品。2話ラストの「妹はみていた」のコマが可愛すぎた。グルメ漫画で、紹介される料理も美味しそうなものばかりなんだけど、姉妹の仲の良さを愛でるのがテーマの漫画だと思います。
    作者のあとがきが「胆石で入院した話」、巻末おまけが「主人公のサチが1日中食べ続ける話」と最後まで読むと、みごとにオチが付いた。

  • ごはんもの。レシピもありますが、マニアックな調理器具が出てきたりするので、やはり姉妹の物語の方に比重を置いて読みます。
    漫画表現だと百合っぽいということになるんだけれど、実際仲良しの友達の交友関係に嫉妬したりとかはあるわけで、そこらへんの感情の揺らぎも面白いです。

  • 一大ジャンル、ごはん。

  • 料理はできないけど食いしん坊で可愛い姉

    美人で料理上手だけど人見知りで口下手の妹

    条件の組み合わせはやはりこれがベストでしょうなぁ。


    やってみたい!できるかも!?というメニューのチョイスが秀逸。
    調理器具コレクションがまだまだ見られそうで楽しみ。

  • 親の再婚に伴い同居が決まったサチとあやり。両親不在のギクシャクとした同居のスタートはどうなる?料理は苦手だけど、食べることは大好きなサチ。料理を作る事が好きな人見知り激しいあやり。「あいにくチーズも野菜もありませんが、代わりに生ハムを好きなだけ挟みましょう」ハモンセラーノを娘に贈る父というのもツッコミどころ満載ではあるが、ためらないなく調理できるあやりも…以下自重。「カロリー控えめ!トマトとささみのかきたまスープ!」これは美味しそうで、作って見たらやっぱり美味しかった。

  • コミュ障、口下手、目つき悪
    友達は包丁
    こんなでも見かけがいいと許される

    新しくできる姉と仲良くなりたいと思ってウキウキだったんだろうなあ
    そして上手く出来ない自分に凹む一方だったんだろうなあ

  • マニアな調理器具をカジュアルに使いこなすJK!3次元ではムリ!と挑戦したい!できる!のギリギリをいくメニュー。ある意味ダンジョン飯。

  • WEBサイトの一話試し読みで読んで面白くて続きが気になったので購入

    絵柄もかわいくて読んでいて楽しい

    姉のさちちゃんは小動物みたいで一生懸命なのがとってもかわいい。そして地味に頭が良い。

    妹のあやりさんは無口で緊張すると怖い顔になってしまうけどやさしくごはんを作るのが上手でしっかりしている。

    そんなふたりが毎回料理をしながら少しずつ距離を縮めていくお話

    とてもほっこりして続きが気になる1冊

    たまごふわふわという料理が大変気になる。

全10件中 1 - 10件を表示

新米姉妹のふたりごはん1 (電撃コミックスNEXT)のその他の作品

柊ゆたかの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする