東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」

著者 :
制作 : KADOKAWA  白川 周作 
  • KADOKAWA (2015年12月25日発売)
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今はAIの研究者は大学や企業に散っている。ディープラーニングはアメリカが強い、ここはデータ量とコンピューターのパワーで成し遂げられている。日本には素地が揃っている。研究者の能力も高い。
    企業によってはAIが嫌いなところもある。かつてやってダメだった印象がある。今は研究資金も国からテーマの募集があり、競争に勝って降りてくることが多いので、真に自分がやりたい研究より、世の中に要求されているテーマに寄り添っている研究者が多い。プロダクトには近くない。

  • Alpha GoでAIの世界の進歩が、改めて世に理解されている中で、どのような可能性やこれまでの研究が基になっているか深めることができました。

  • 対話形式で聴きやすい。人工知能のことが、わかった気になる。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

東京大学大学院工学系研究科総合研究機構、知の構造化センター、技術経営戦略学専攻の特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブ工学、ソーシャルメディア分析。『人工知能は人間を超えるか』(KADOKAWA)著者。

松尾豊の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする