幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみ (角川ホラー文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (122ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ものすごい速度で次から次へと発売されるからどんどん積読になってた。
    のでそろそろ読まないと。
    というわけで読む。
    相変わらず面白い。
    読みやすいし、いい人しか出てこないから安心する。
    逆にハラハラとかもしないんだけどね。
    まあなんというかとにかくほっこりしたい時に読む作品である。
    ただひとつ難点をいえば、異様なほど女子が出てこない。
    女子の排除された世界観。
    最近流行のアレか。
    アレなんだな。
    まあアレに媚を売ってるのなら仕方がない。
    作品そのものがアレなワケじゃないしな。
    そういうこと。

  • 1話目の関東大震災の犠牲となった母娘の牛撫で神社で涙。蘇芳君の正体はまぁちょっと意外だったけど、これ主要人物に面白いほど本当男子しか出てこないよね。トサキントってもしかして土佐金魚からのネーミング?

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

宮城県仙台市で生まれ、千葉県で育ち、現在は東京都内で書店員をしている兼業作家。日本大学理工学部卒業。代表作に、『幽落町おばけ駄菓子屋』『幻想古書店で珈琲を』『深海カフェ海底二万哩』『夜と会う。』などがある。

「2018年 『華舞鬼町おばけ写真館 灯り無し蕎麦とさくさく最中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみ (角川ホラー文庫)のその他の作品

蒼月海里の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみ (角川ホラー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする