白暮のクロニクル(7) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 小学館
3.86
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あいかわらずクロニクル感は薄いけど、サイコサスペンスとしてとても面白い。「パトレイバー」から続く、組織の病巣的な視点も健在。

  • じりじりと進む物語。ちょっとじれったい感じはするが連載中の漫画とあってはいたしかたない。あかりと魁は着々と接点を持ち始めるが果たしてこれがどうつながるのか。「あたしの彼氏が来るってわけでもないのに!」魁さんあかりの自宅へお邪魔するの巻ででた暴言。ちょいちょいあかりの暴言がツボって、ゆうきまさみのセンスが好きなんだと噛みしめる。は、さておき。「羊殺し」をモチーフにしたと思われる映画の制作現場にお邪魔する魁とあかり。何もおきないわけがなく。「直前まで夢を語ってたんだ!!ちょっと大それちゃいるが、真面目にやってりゃ叶うかもしれない夢だ!!それがどうしてこんなことで!」魁さん珍しく熱血発揮。いや、珍しくもないか。「これだけのことをしておいてあっちに逃げる気か!?」はなんの伏線だ!?

  • なかなか進まなかった羊殺しに急展開。
    羊殺しのしっぽらしきものが見えてきたが、残念ながら掴むまでには至らず。
    しかもなぜか竹之内が関係してそうな終わりかた。
    しかしいいところで終わってしまった。
    いやいや気になりますな。
    この作品もそろそろ終わりに近づいてきているような気もする。
    はてさてどのような結末を迎えるのであろうか?

  • 名探偵あかりの活躍を見よ!
    ただ、それ以外は、怪しい人たちがうろうろするだけで、羊殺しの話が進まないなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

白暮のクロニクル(7) (ビッグコミックス)のその他の作品

ゆうきまさみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

白暮のクロニクル(7) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする