ファインディング・ニモ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

出演 : ディズニー 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2016年4月20日発売)
4.50
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241762078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大人のほうがグッとくる名作。
    冒頭で奥さんとたくさんの子供を失くした中で、たった一匹だけ生き残ったニモに、お父さんのマーリンが過保護になるのはとても納得できました。
    しかも、ニモは片方のひれが小さい。魚に襲われたときの後遺症なんだろうけど、それがとても痛々しくて、保護者目線で見ると、マーリンに共感しっぱなしなわけです。
    「お前にはなにも起こらないようにするから…」という誓いですでに涙が止まりません・・・。

    でも、ニモがそんなお父さんから「お前には無理だから」なんて言われて「お父さんなんか嫌いだ」といってしまう気持ちもよくわかる。どちらにもとても共感できてしまうところがすごい。

    マーリン、ニモのキャラクターも愛おしいのですが、ドリーのキャラクター性がかなり印象的でした。幼少時に見ていた覚えがありますが、そのときはドリーの持っている「忘れやすさ」に切なさを感じたりはしなかった。
    なんだか忘れっぽすぎていらいらしてしまうくらいだったけれど、それが大人になると、経験もあるから、ドリーの「忘れっぽさ」が普通じゃないような感じもあることにも気づく。
    のちの「ファインディング・ドリー」に続くようなセリフも出てきて、後半のマーリンを引き留めるドリーにまた涙が…。
    「子どもに何も起きないようにしていたら、何もできない」というセリフは親世代には目から鱗です。

    誰かを助けたり、誰かに助けられたりして、関係性が深まっていくのが見事な作品。
    大切だから、どうしても危ない目に合わせたくないけれど、そうすることで、子供の可能性を奪っているかもしれない。
    親として、チャレンジする子どもを、見守っていくことも大切なんだな、と学ぶことができる名作。
    子どもにとっては、ハンディがあっても、ひたむきに頑張るかわいいニモには励まされるのではないでしょうか。

  • ニモとマーリンの親子愛。

    チャーミングなドリーと、彼女のほのかな恋心(?)

    そして歯医者の水槽の中にいたコワモテのオッチャンがいいやつ!!

    ってなわけで、素敵な映画でした☆

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

ディズニーツムツムの3WAYブランケットBOOK

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ファインディング・ニモ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ツイートする