バクマン。Blu-ray 通常版

監督 : 大根仁 
出演 : 佐藤健  神木隆之介  染谷将太  小松菜奈  桐谷健太 
  • 東宝 (2016年4月20日発売)
3.48
  • (5)
  • (10)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104100924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん、悪くはない。悪くはないが...原作およびアニメが素晴らしすぎたので。ただし、あの原作、アニメの長さだからこそ丁寧に描けたことが、やはり2時間弱の映画となると難しいのも事実。原作の疾走感はそのままに、よくまとめられていたとは思う。思うが...やはり残念な気持ちは否めないなぁ...実写化はホント難しいなぁ。あと、神木隆之介はともかく、佐藤健は高校生にはどうしても見えなかった(笑)

  • 漫画家を目指そうと誘われて、原作と作画で2人で漫画を描き始めた高校生の話。

    原作は全然読んだことないし、話の筋も宣伝をしてた時の印象が残っていたので、神木くん見たさにレンタル。
    思ってた以上に面白かったし、映像も音楽も良かった!

    ヒロインが可愛いけど演技が微妙なところが気になったけど、脇役の皆川猿時さんとか山田孝之とか桐谷健太が良かったです!!
    皆川さんの腹が…半ケツの後ろ姿が…w

    良い映画でした!

  • とりあえずエンドロールがピーク。懐かしの名作がああいう形で。
    ペンの音がシャーシャー響いてゾワゾワすることこのうえないので、苦手な人は気をつけたほうがいいかも。

  • 好き嫌い分かれるけどとってもテンポがよくて好きです。

    ワクワクするカメラワークと音楽の使い方が本当に今時な作品で、さすが大根監督って思いました。

    ジャンプとか読まないんですが、すごくロマンがある男の子のファンタジーですね。

    個人的にはエンディングの映像とサカナクションが好きでした。

  • 原作を踏襲しつつ、オリジナル要素も入っている良い実写化。
    服部さんがタコじゃないのは違和感、そしてサカナクションのBGMは主張が激しいですね(笑)
    途中からG戦場ヘブンズドアの展開になり、あの作品を実写化するとこういう感じになるんだなと一粒で二回美味しい作品でした。

  • ご都合主義で丁度いいのではないでしょうか!友情、努力、勝利が売りですから!

  • レンタル

  • WOWOW。
    好きでも嫌いでもない印象。
    1位になるということのモチベーションが共有できないので辛かった。
    物語の都合でアシスタントも両親も出てこないのが、気になってしまう。

  • よかった。キャスティング逆っぽい?と思ってたけど、映画ではしっくりきた。細かいこだわりが好きかも。サカナクションもいい。
    漫画を描いてるシーンは、実写のよさが存分に出てた。
    紙にはない迫力。

  • 2016.03.
    スリランカ航空の機内にて。
    漫画読んだこと無いけど、楽しめた!映像技術も凄くて、映画らしい映画。
    神木くんも佐藤健くんも良かった。
    エンドロールも芸が細かくて。
    漫画家さんと編集者さん、大変だなー
    編集の世界の裏側も知れて面白かった!

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1968年東京都国立市出身。演出家・映像ディレクター。 「モテキ」「湯けむりスナイパー」「週刊真木よう子」など深夜ドラマを中心に 映画、PV、舞台演出、コラム執筆、イベント主催など幅広く活動する。

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする