幸せになる勇気 [Kindle]

  • ダイヤモンド社
4.26
  • (58)
  • (60)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 454
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 悩める青年の社会的課題を、哲人がアドラー心理学によって解決していく、シリーズ第2弾解決編。
    教育、仕事、結婚、愛など青年期にある大人が悩みがちな、共通して人間関係の問題を課題とするテーマを対話の話題としていた。
    特に、教育に関しては多く語られており、教育職のみならず、指導の機会がある人全てに、一読を薦めたい。
    結婚についての論は、あまり目にしない論法であるが、実に強く現実に即しているいい考え方だと思う。
    3時間程度で読み終わるので、上記テーマのいずれかに思うところがある方には、強くおすすめする。

  • 「自立とは「自己中心性からの脱却」なのです。」

    嫌われる勇気の続編にあたる本。今回は、幸せになる勇気を説く。相変わらず面白い。刺激的な話が多く、批判役の青年の発言も的確だ。それに対する返答も素晴らしく、アドラー心理学の凄さがわかる。

    本書からは多くの学びを得た。
    愛されるから愛するのではなく、愛するから愛される。これはとても深い言葉だ。愛されなければ離れていくとは、まさに自己中心的な思想だ。

    褒められるのを原動力にすれば、永遠に他者に依存し続けなければならない。常に自分には能力がないと言うようなものだ。

    過去は存在しない。

  • 「嫌われる勇気」ほど、心には刺さらない。

  • 「嫌われる勇気」の続編。
    前作で重要だった課題の分離からさらに発展した「自立」「愛」についての対話。
    子供が自立できるためには、自分で選択させることが必要。保護者ができることはそのために必要な情報や手段を提供することというくだりは子育てにおいて常に頭においておきたい。
    相変わらずの頭の堅い青年と鷹揚とした哲人の対話形式。進んでいく中で懐疑的だった青年が歯がみしながら気づきを得ていく過程が面白い。

  • 前作の内容について深掘りされた本であった。
    過去などは存在せず、いま自分がどのような選択をするか。
    幸せは人間関係からでしか、得ることができない。そのうえで、他者を信頼する勇気を持つことが重要である。
    必ず別れがくるものだから、その別れを良いものにする為に、相手を尊敬し、信頼関係を築くべき。
    恋についての記述も興味深かった。運命の人など存在せず、自分がその人を愛する勇気が必要。だから人に愛されるより愛する方が難しい。だから今をダンスするのだと。

  • 『少し前の本だし、続編だし…』と思って、甘く見て読み始めたわけではないのだが、今回も本当にグサグサと本当に苦しかった。
    前回の『嫌われる勇気』と同様、物語の体裁を取った哲学的なやり取りで進むのだが、どうしても自分の内面と対峙せざるを得ず、読んでいて唾液が苦くなりっぱなしなのだ。自分の子供の頃だけでなく、今に当てはまることがありすぎて辛い。もちろん、それをわかっていて買って、開いたのだが、結局、途中で止めることができないまま、一気に読み終えた。
    残酷な勇気、読む劇薬。世界は、人生はシンプルだが、そうあり続けるのは難しいと説く。幸せになるより、嫌われる方が楽なのに。人間は、その身体的な弱さによって、共同体感覚を無しには生きられないという指摘など、自分がまさに社会的・精神的ハンディーキャッパーである現実を突きつけられる。
    知って、覚えた気になるのではなく、できるのはただ知ろうとし続けることだけだ。つまり、前作も合わせて、時々読み返して血を流すのは、決して無駄ではないと信じたい。

  • ベストセラー「嫌われる勇気」からの第二弾。インパクトは前回より少なく感じる。自己啓発の源流としての本書は現代人の指針となるか?

  • 物事にあたるとき、主語を「自分」から「私たち」にするだけで、心持ちが変わる気がした。積ん読してたいたけど、もっと早く読めばよかった。

  • 150頁以降が怒涛でした。
    わたしの目標が「自立」と明確となった。

    愛される技術ではなく、他者を愛する技術。
    愛されたい、楽になりたいと安直な人は、いつまでもWEの考え方にたどり着けず自己中心性から脱却が出来ない

    わたしの大切で大事な ハッとすることを伝えてくれる友人らはまさに、無条件に自分の大切な人を信頼している子達だ。
    打算なく、「大切な人と幸せになりたい」という勇気を持っている子達だ。

    はっきりと感じたことは、愛されたいんじゃなくて、
    幸せになりたいということ。
    これはわたしたちの課題である。

  • 嫌われる勇気の続刊。鉄人と青年の対話篇の形式は踏襲していて、同じように読みやすい。読みやすいが、個々のテーマは簡単ではない。嫌われる勇気に比べると、テーマの抽象度はグッと下げてきている。

    嫌われる勇気では晴れやかに別れた青年が、ふたたび「哲人を絶対論破するマン」として出てきてワロタ。そのくせ論破できず、青年が戯曲みたいな台詞で哲人に悪態を吐くの良い。「青年 … …こ 、この忌々しい毒虫め !興奮して声を荒げるわたしを 、未熟な人間だと嘲笑っているのですか !」

    第一部を「これは傾聴と共感では?」と思ってたらホントに共感の話で、おおってなった。

    「生徒たちと 「仕事 」として向き合うのではなく 、 「交友 」の関係を築けとおっしゃる」。謙虚なコンサルタントのレベル2の関係性っぽい。

    第一部の、カウンセラーが使うという三角柱の話がおもしろかった。いわく、人の心を表していて、「悪いあの人」「かわいそうなわたし」「これからどうするか」。カウンセリングにやってくる人は「悪いあの人」「かわいそうなわたし」に終始し、哲人は聞き流す。「これからどうするか」を語り合うべきであるという。

    第二部の賞罰の否定は、消化不良。コーチング、メンタリングとも接続できる考えのはずなので、再読する。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年京都府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。著書に『アドラー心理学入門』『アドラー 人生を生き抜く心理学』『NHK「100分de名著」ブックス アドラー 人生の意味の心理学』『人生は苦である、でも死んではいけない』など、共著に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』など。

「2020年 『今ここを生きる勇気』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸見一郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

幸せになる勇気を本棚に登録しているひと

ツイートする