未来警察殺人課[完全版] (創元SF文庫) [Kindle]

著者 :
  • 東京創元社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (434ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 殺人がなくなった未来社会で、殺意を持つものを殺すのが警察の殺人課、という設定はおもしろいし、地球外の惑星に地球の地名をつけて人類がすんでいるというのも、なかなか楽しい。ちょっと読むと、エロチックな要素も含めてわりあい安っぽいネオハードボイルド的な肌合いが強いけれど、一皮むけたなかなか骨っぽいSFである。

    SFミステリというのは、SF寄りとミステリ寄りにざくっと分かれる感じがするけれど、この作品は、作者に対する先入観に誤解していたけれど、ミステリの衣をまとったSFなんだと読んでいく家に気がつく。書かれた年代を考えると、なかなかすごいなって思う。

    ただ、おもしろかったかどうかといわれれば微妙。短編がこれでもかというほど並ぶのだが、いくつかとてもおもしろいものがあった反面、設定の中で登場人物が動くのを追いかけているだけという感じで、なんとなく読み終わってしまった作品もかなりあった。何せ、たくさんあるので、玉石混淆という感じは否めない。やっぱりこの作者には、本格的なミステリを求めてしまうこっちが悪いのかもしれないけれど。

  • 前半は面白かったが、だんだんとつまらなくなり、結局、中断

  • まあまあかな。

  • 設定は面白い。

    未来。人類は宇宙の惑星を第2の地球化していた。
    惑星が違うけど、地名は地球と同じものを利用している。
    まず、そこがなかなか面白い。

    そして、肝は、未来は殺人自体が原則起こらない、起こる前に起こしそうな人は病院送り、それもできない緊急の場合に、この本の主人公が所属する殺人課がでばって、殺人が起こる前に起こす人を殺してしまう。

    世界観としてはマイノリティレポートとか、アニメのサイコパスに近い。

    短編集なので、そこそこ楽しめたが、最後は単調な気がして、ちょっと飽きた。

    短編集でも、テーマがあって大きなストーリーが流れていくものもあるが、それがなかったのが飽きた理由だと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1929年東京都生まれ。10代より様々な筆名で小説を発表。〈EQMM〉初代編集長。2001年、『推理作家の出来るまで』で第54回日本推理作家協会賞、02年、第6回日本ミステリー文学大賞受賞。03年没。

「2015年 『不思議の国のアリス ミステリー館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

未来警察殺人課[完全版] (創元SF文庫)のその他の作品

都筑道夫の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

未来警察殺人課[完全版] (創元SF文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする