戦国の陣形 (講談社現代新書) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦国時代の陣形として鶴翼、魚鱗などがよく知られているが、実はこれらは江戸時代以降に作られた創作であったとは・・・

  • 戦国時代を扱ったドラマやゲームでは必須の陣形という概念。日本の戦争史を紐解いていくと、国内での戦いではあくまで概念としてあったのみで実際に使われた形跡がないということがわかります。様々な思惑を持った主人たちに率いられた部隊を、一つにまとめて運用するなど、どうやっても不可能。陣形や戦略は不可能。あったのは戦術。それは非常に有効で大きな影響を与えるものでした。中国からの輸入はたくさんありますが(条坊制しかり)そうそう当てはまらないものなのだなと面白く感じながら読ませていただきました。

  • 簡単な入門書のつもりで手に取りました。

    よく、中世から近世にかけての戦争がモチーフの作品では軍師が華麗な用兵を行い、柔よく剛を制するかのように少数で多数を翻弄し勝利に導きます。

    近代の軍隊では将校(と言うより幹部候補生?)は、きちんと座学で戦術を学んで運用しているという話をよく聞きます。

    戦術と言う物が、物事に対する対処の参考になればと興味がありました…

    しかし、本書は古代日本から時系列を追いながら軍隊の運用手段などを考察し、現場ではどう言う部隊運用が出来たかなどを考察し、その上で陣形について考察しようとします。
    その結果、中世から近世にかけての日本では大軍を規律のある均一の軍隊として運用は出来ない。だから、「戦国時代に使われた陣形と言う物は無い。後世の創作である。」と結論づけています。ただし、陣形自体は武田信玄の時代に甲斐武田が考えていたことはありそうだ、とも濁しています(学問的な裏付けが無い机上の空論以下のような扱いですが)。

    と言う事で、戦術としての陣形については全く触れられていない本ではありました。期待通りではありませんでしたが、軍隊の運用としての隊形などに関しては考察が割かれており、それなりに楽しめました。

    タイトルから期待される内容とは違うので、星は-1で。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

歴史家。1974年生まれ。日本の戦国期を中心に研究。単著に『戦国の陣形』、『戦国武将と男色』、『上杉謙信の夢と野望』など。NHK『歴史秘話ヒストリア』、BS-TBS『諸説あり!』などテレビにも出演。

戦国の陣形 (講談社現代新書)のその他の作品

乃至政彦の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする