山のトムさん (初回限定色) [DVD]

監督 : 上田 音 
出演 : 小林聡美  市川実日子  光石 研  高橋ひとみ  伊東清矢 
  • バップ (2016年4月8日発売)
3.79
  • (6)
  • (8)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021144865

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2019年10月3日観終わった。 Amazonプライムで。

    これといった話の筋はない。
    映像を楽しんだ。

    農家の縁側、庭と地続きの畑、沢山の自然、猫、星(星がきれいというセリフがあっただけ)。祖父母の家を思い出した。懐かしい。
    家はあってももう祖父母はいない。もう、あの頃には戻れないんだと、悲しくもなる。思い出があるだけに。

    しかしこれは映画。ただそれだけを映画にできるって贅沢なことしてるなあとも思う。

  • 大貫妙子さんの歌声が場面の間にはさまれて、映画の雰囲気によく馴染む。

  • 猫が猫らしくてとてもいい

    日常の全てを大事に丁寧に生きようとしている今、ぴったりの作品を観られた

    ひとつひとつ一歩ずつゆっくり丁寧に

    今を大事に

    そういうことが描かれてる

  • 翻訳家の中年女性と小学生の娘を持つ女性が田舎で周囲に助けられながら、畑にせいを出す、一見スローライフだけど、ヤギや鶏まで飼ったりして、結構アグレッシブなアグリカルチャーな日々。そこにちょっとコミュニケーション能力に不安のある中学生の甥・アキラが加わって、ネズミのために猫のトムを飼う。
    抱き癖をつけないためにといいながら、みんな一人の時にこっそり抱っこしているのがかわいい。

    原作があり、山岡花子と同時代の人の作品なので、ちょっと市川実日子が硬い言い回しをしたりするけども、流れる空気は小林聡美の作品だなぁと思う。

  • 日常の中で、少しずつ進んでいってる。
    一進一退しながら。
    失敗は成功のもと。
    自分の心の中でいろんな戦いがあるけど、それもとても必要なこと。
    人と交わることの大事さ。
    うーん、本当に大好きだなあと思います。
    いつもながら、特典映像をまじまじと見るわたし。…大好きだ。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする