未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界 (NextPublishing) [Kindle]

  • インプレスR&D
3.54
  • (2)
  • (17)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (187ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電子政府サービスが充実しているエストニアの話。ソ連時代からエストニアはITが盛んであったため独立後はItのバイオテクノロジーに資本を集中した。まず当時高い金額であったパソコンを惜しまず、学校などへ導入をすすめ、eIDカードを義務化した。何よりも国全体でIT化を推進する為に義務化すべき点は強固に推し進めたこと、共通基盤を作ることで色々な機能拡張をしやすくしたこと、オープンソースを使って開発コストを下げたことの3つに驚いた。国としての長期的なビジョンがしっかりしていて、推進力もすごいと思った。
    日本もマイナンバーを有効的に使うようなプランを立ててからでないと。。医療カルテの統合、ネット投票は実施してほしい。IT企業から国家公務員に派遣させて本格的にやらないと進まないと思った。

    スーパーの無人化は今のamazon goに近いものをかなり先行してやっていたらしい。
    エストニア発の企業として第2のSkypeが楽しみ。

  • エストニアのデジタル化について解説した本。
    めっちゃ情報が細かいため、もう少し粗くてもよかった。

    日本も早く追いつかないと…。

  • 行政サービスから投票まで、徹底して電子化しているエストニア。
    理想的ともいえるその社会で提供されている実際のサービスの紹介、そこに辿り着くまでの道のり、そして課題についてまとめられている。
    行政サービスの内容について淡々と説明するパートなどは読み物としては退屈というのが正直なところだが、非常に興味深い内容だった。
    我が国のマイナンバー制度はどう転ぶか。

  • 旧ソ連邦だったエストニアがなぜ電子政府化を成し遂げ、高効率国家になったのか。スカイプを生み出し、また現在も多くの起業家を輩出する土壌はなぜできたのか。そういった謎に本書は答えてくれます。

    そして、日本が抱える問題点にも言及があります。さまざまな要素が絡み合っていると言えますが、要約すれば「必要性」の違いがエストニアと日本の現状を分け隔てているのです。

    日本は、今のところまだ人は足りているようですが(実際には人手不足が顕在化してはいるけど)今後、積極的に移民を受け入れない限りは生産人口は大幅に減ることは確実です。そうなった時に今のように無駄を許容できるほどの余裕はなくなります。その前に無駄を排除して、効率のよい行政、政治、経済のシステムを構築する必要があります。

    その先生になるのが、エストニアだということです。文章がやや単調なので1点マイナスとしました。

  • エストニアに興味があって読了。国家が若い。それだけじゃない電子国家の成り立ち。まずはeレジデンシー取得してみますか。

  • 日本のマイナンバーってなんなんだろうと思う。
    ITに明るい人と政策を推し進められ人がタッグを組んで推進しないと、本当に日本やばい。

  • 非常にスピード感を持って電子立国を成し遂げたエストニアの今までと現在・将来、そして日本のICT戦略に対する提言的なものまでを網羅した一冊。
    エストニアと言うと、バルト三国でひとくくりにして「エストニア・ラトビア・リトアニア」で覚えた記憶が鮮烈なのですが、今はこれだけの電子化が進んでいるというのはうらやましい限り。現状の描写は非常に具体的でイメージがつかみやすかったです。

    終盤はスタートアップ企業支援について書かれていて、9分25秒で会社が設立できる国、というのは確かに凄い。ヨーロッパで最も人口当たりのスタートアップ企業の数が多いというのも肯けます。それでもアメリカとシンガポールには勝てないのか…と思ったけれど、文中にもあったとおり、この2国をブランド的な意味合いで自発的に所在地として選ぶ企業は確かに多いだろうから、エストニアってやっぱり凄い。
    様々な支援プログラムだけでなく、高校にもよるようですが、アントレプレナーシップの選択科目があったという辺りも先見の明感が。。

    読み通すと日本はこれだけ進んでいけるだろうか、という危惧が生まれてきます。高齢化の先進国ということは、高齢化で失ったパワーをITで埋めていく先進国になれるということ。パワーを作り出す行政が求められているんだと思います。

    なお、本としては第3章~第4章のあたりは少々外形的な記述になっていたのが残念。仕様だけでなく、それがいかに凄いのか、導入にどのような苦労があったのかという定性的な記載があればなお良かったのではないかと感じました。

  • Skypeも元々はエストニアの会社で、隠れスタートアップ大国だったり、電子国家として圧倒的に進んでいたりと深掘りする程魅せられるエストニアの国内事情を網羅している本書。エストニアという国を知れば、マイナンバー制度への見方もがらりと変わることうけあいです。

  • すぐにはむりかも知れないけど、日本もこの方向に進んで欲しいと思います。
    細かい所は別にして、方向性を決めることが大事なんじゃないかなと思いますし、それが未来を作ることかなと。

  • エストニアとは、あまり日本にはなじみのない国である。バルト3国の一つであるらしい。読めば読むほど徹底した電子化が、国の未来を開いているところである。Skypeもこの国の技術者が中心になって開発されたらしい。エストニアを代表するビジネスモデルとなっている。
    翻って日本である。マイナンバーカードまだつくっていません。使い道がないので。法務局への申請もネットでできるらしい。ほとんど普及していない。使い勝手が悪すぎる。確定申告もネットでできる。申告するまでの手間が大変。結局証明書類を郵送しなくてはいけない。書類だけネットで作って郵送するほうが手っ取り早い。
    登記事項がネットで閲覧できるが、土日は動いていない。
    役所が本気でやる積もりもなく作っている仕事ダカラでしょうか。
    エストニアの制度が素晴らしいのはよくわかる本だが、だからといって日本は変わらないのである。

全12件中 1 - 10件を表示

未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界 (NextPublishing)のその他の作品

未来型国家エストニアの挑戦【新版】 電子政府がひらく世界 (NextPublishing) オンデマンド (ペーパーバック) 未来型国家エストニアの挑戦【新版】 電子政府がひらく世界 (NextPublishing) ラウル・アリキヴィ
未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界 (NextPublishing) オンデマンド (ペーパーバック) 未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界 (NextPublishing) ラウル・アリキヴィ

ラウル・アリキヴィの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

未来型国家エストニアの挑戦 電子政府がひらく世界 (NextPublishing)を本棚に登録しているひと

ツイートする