ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション [DVD]

監督 : フランシス・ローレンス 
出演 : ジェニファー・ローレンス  ジョシュ・ハッチャーソン  リアム・ヘムズワース  ウディ・ハレルソン  ジュリアン・ムーア 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016年4月13日発売)
2.78
  • (2)
  • (3)
  • (16)
  • (8)
  • (3)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462103864

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネットで視聴(英語字幕)

    原題:The Hunger Games: Mockingjay - Part 2

    政府軍と反乱軍の戦いに決着。
    ラストのシューティングシーンはなかなか快感。

    そんなに悪くはないシリーズだった。
    けれども、4本もかけて革命劇を描いたにしては、たいして印象が残らなかった。
    虐殺シーンがあったり、ひどい政治的裏切りがあったり、それなりに頑張っていたような気がするけれども、20世紀に現実に起こった数々の革命の栄光と悲惨とその結末をさんざん見たり聞いたり読んだりしてきた21世紀に生きるわれわれにとっては、この監督が描く革命は、いくらSFの世界といっても、まだまだナイーブすぎるように見えたからかもしれない。

    若者、とくに無邪気なアメリカ人向けの革命教育映画としては秀逸かな。

  • オチはまあまあよかったんじゃないだろうか。
    レジスタンスってどうやってあんな高価な武器やら飛行機やら持ってたんだろ。

  • 少数精鋭部隊が潜入して大統領の命を狙う。味方が次々と斃れていき、かなりワクワクする展開。ところがカットニスが大統領と対峙する前に味方の爆撃で終了。そりゃないぜ、と思ったら、その後の展開がなかなか秀逸。暫定大統領になった反乱軍のボスがハンガー・ゲームをやるとか言い出す。専制者を倒しても、また新しい専制者を生むだけだったという皮肉。そこでカットニスがとった行動は至極納得のいくもの。

    映画として盛り上がりに欠けるという見方もありますが、シリーズの大団円としては納得のいくものでした。

    本作撮影中に死亡したフィリップ・シーモア・ホフマンの登場シーンがやや不自然だったのはやっぱりちょっと残念(大事な会議に彼がいなかったり、唐突に彼の手紙が読まれたり・・・)。

  • ようやく完結しました。
    もはや第1作のゲームの要素はまるでなく、話を広げ過ぎて収拾がつかなくなって、無理矢理収束させた最終話。
    最終的のゾンビが出てきて、何の映画なんだと。
    最後まで根性で観た自分にご苦労様でしたと、言いたい。

  • 途中変なバケモノ出てきたり、爆発いっぱい起こったりしていたけど、最後は無理やりな終わり方。

    無駄に長い。
    もっとサクサク戦闘が進んでほしかった。

    4部作の中では、最初が一番面白かった。

  • メッセージ性が前に出過ぎで娯楽として物足りない作品に見えた。リズムがゆったりしているだけで、あまり2部構成にする必要性は感じなかったかも。もっと色々な視点が入ってくればなぁ・・・。

  • 原作も3巻は話広げ過ぎで収集つかない感じありありだったけど、映画になるとさらにそれが明白になる。基本割と原作に忠実に作ってると思うのに。

  • 前編からだけどもう全然ハンガーゲーム関係なく単なる洒落た滑降した人が戦う戦争映画。主人公のカットニスに感情移入できる部分も特になく結末が見たいという惰性がないと厳しいですね。結末も想像通りで意外性もなく。一作でやめとけばよかったんじゃないかな。

  • 全編通してカットニスという人間は冷たい人間なんだと印象があったのだけどやっぱり最後までその印象は抜けなかった。
    激高したり怯えたり悲しんだり確かに感情はあるんだけど、どこか冷たさを感じる。
    自分が生き残る?生きる?ために必要な方を選ぶ、といっていたけどそれがすごくしっくりくる。
    打算的というわけでもなく、自分の中の正義もしっかりある、けれども最後までそれは抜けなかったし最後までその理由もわからなかった。
    だからカットニスが気になって、ハンガーゲームも楽しんだのかもしれない。

    こういう大きな敵を倒す系の映画では主人公が敵の息の根を止めることが多いとおもうし、実際彼女も大きな敵の息の根を止めたことは止めたのだけど、大きくそれに関与した感じはなかった気がする。
    仲間の犠牲もあったし、戦ったけど最後までエンターテイメント要員だったってことなんだろうか。

    妹はそもそものはじまりだったし彼女は妹を守るように母に強くなるようにいっていた(気がする)程で妹の姉であり父であったのだと思うけれど、喪失ってどれほどのものだったんだろうか。
    猫に叫ぶシーンはよだれ垂らしてなりふり構わず悲しんで苦しんでいたから胸が痛くなった。

    プリムローズで抱き合ったあたりで終わっていたら好みの終わりだったな。

  • カットニスの活躍で独裁国家パネムに対し13の地区全てが蜂起した。
    カットニスは仲間とスノー大統領暗殺に向かうが、そこにはハンガー・ゲームのような様々なトラップが仕掛けられられていた。

    ハンガー・ゲームの完結編。
    戦いの集結が意外な形でやってきます。

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする