二銭銅貨 [Kindle]

著者 :
  • 2016年2月2日発売
3.68
  • (4)
  • (12)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :75
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (20ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 町工場の支払賃銀を狙った大泥棒事件で消失した大金の在り処をめぐる「私」と松村の物語。 「私」がある煙草屋からお釣りで受取った二銭銅貨の異状に感づいた松村は、洞察と推理力で真相に肉薄していくが・・・

  • 銅貨の仕掛けはイマイチ感。暗号物は好きではない。

  • 和製暗号ミステリ。作者もコメントしているようだが、「◯◯して読むと◯◯」のくだりは必然性がなく蛇足感があった。乱歩作品は今、青空にたくさんあるので、少しずつ未読既読あわせて読んでいきたい。

  • どこで手に入れたの、二銭銅貨!
    気になる。
    でも、いたずらに対する出費がもったいない気がする・・・
    おもしろかった。

  • 金の偉力

  • これもまた,「そこか?」というところを突いてきたような気がする.

  • ドンデン返しのあるのが江戸川乱歩先生のパターンなのかな。

  • 著作権が切れて青空文庫化されKindleで読んだ。江戸川乱歩のデビュー作。少年探偵団シリーズは小さい時に結構読んでいた記憶があるけど、それ以外の作品はおそらくこれが初めて。短編でテンポが良く面白かった。他の作品も今後読んでいきたい。

  • 江戸川乱歩の小説には彼の性的倒錯が多分に練り込まれていてとても面白い.ミステリを装った変態小説

  • ついに江戸川乱歩の著作権が切れてKindleにも青空文庫の無料本が登場し始めました。まずは処女作の「二銭銅貨」。今読んで衝撃を受けるミステリーではないけれど、中期以降のドロドロ感が薄い爽やかな江戸川乱歩を堪能できる一冊。
    無料本はこれからもチェックしていこう→ http://ultimate-ez.com/2016/01/02/4263/

全11件中 1 - 10件を表示

二銭銅貨のその他の作品

二銭銅貨(イラスト 朔) オンデマンド (ペーパーバック) 二銭銅貨(イラスト 朔) 江戸川乱歩
二銭銅貨 オンデマンド (ペーパーバック) 二銭銅貨 江戸川乱歩

江戸川乱歩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする