コタローは1人暮らし(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
4.18
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (200ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 軽ーい感じなのかと思いきや、、、
    胸が苦しくなる程のご近所さんの優しさやコタローの一言が泣かせる。
    続きが読みたいが、泣いてしまいそうで、今は無理。

    可愛くて哀しい。

  • TVドラマではまってしまい原作を読みたくなったのですが、紙の本は入手できなかったので電子書籍で。

    ドラマの方がかわいいと思って読み始めましたが、原作のコタローくんの猫目のかわいさにもはまってしまいました。

  •  タダ読み(2巻まで)( ´ ▽ ` )ノ
     こないだドラマが始まったやつだ( ´ ▽ ` )ノ
     まあ、いかにも(深夜低予算)ドラマの原作になりそうなまんがだった( ´ ▽ ` )ノ
     
     とあるアパート、マンガ家狩野の隣室になんと4才児の佐藤コタローがたった一人で引っ越してきたところから物語がスタート( ´ ▽ ` )ノ
     転居挨拶もゴミ出しも料理洗濯、幼稚園の入園手続きまでぜんぶ一人でこなしてしまうスーパー幼児だけど、誰にも明かさないその来歴。うっすら透けて見える悲しく忌まわしい背景...... (T_T)
     ついつい保護欲にかられ、世話を焼き出す狩野らアパート住人たち( ´ ▽ ` )ノ
     
     奇を衒った設定ながら、根っこにあるのは極めて現実的で深刻なテーマ(児童虐待) (T_T)
     感情を殺し淡々と幼児生活を営むコタローがなんともいじらしい......んだけど、あの喋り方はどうにもこうにもうざったいな(>_<)(「殿様」語なのに一人称が「わらわ」とか。真似をしているアニメがそうなんだって言われれば納得するしかないんだけれど......(´ε`;)ウーン…)
     絵的にはかなり独特。正直上手くはないなあ(>_<)
     コタローの目。両生類というか能面というか、四角い。
    (以下続刊)
    2021/04/27
    #1936
     

  • ほのぼの系のギャグ漫画だと思って読んだ。
    もちろんおもしろいんだけど、読み進めると時々チラつくコタローの悲しい思い出。
    1話読むたびに何だか頭の中で色々考えさせられる漫画でした。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    いやあコレは面白いんだが、ものすごくかなしいなあ。
    ほのぼの系のようでありながらものすごくかなしい。
    笑えるようでものすごくかなしい。
    こんなかなしいマンガはなかなかにないぞ。
    コレはこの先どういう話になっていくのだろう?
    たとえ幸せな感じになっていったとしても、このかなしさがなくなるわけではない。
    なんというマンガを描くんだ。
    まったく。
    続きが気になって仕方がない。
    購入しちゃうか・・・
    でもかなしくて読むのが辛いんだよなあ。

  • あー、こんなん泣いちゃうね笑 ギャグ漫画かと思ったけど、もー、やばいね、ええ子やわぁ、、

  • 一生懸命なのがせつない。

全8件中 1 - 8件を表示

津村マミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×