ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書) [Kindle]

  • 幻冬舎
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (124ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中学受験のサピックス、東大受験の鉄緑会。塾の中でも学力や実績で頂点を極める2つの塾を紹介しつつ、最後は、日本の教育システムの単線性あるいは多様性の欠如について論を進めるなど、事実を伝えるルポの面だけでなく、短いが著者の主張が伝わってきて、面白かった。
    それにしても、世の中には頭のいい子がいるものだ。そういう知的才能に恵まれた人を鍛えて、少なくとも大学受験段階でどこでも入れるパスポートをもらえるというのは、ある意味羨ましい。たしかに、著者が主張するように、それが幸せなのか、その後の伸びシロが十分あるのか、といった懸念はあるものの、並外れた運動能力があってスポーツ界で活躍する選手と同様、学力の才能があるというのは、恵まれたことだと思う。そういう豊かな才能を塾が伸ばしているのか、更なる開花の芽をつぶしているのかは、正直言ってよく分からないが、塾を使うか否か、それを自分のために生かすか否かは、その恵まれた人が主体的に判断していかなければならないのだろう。
    学歴あるいは塾歴が将来の成功を保証せず、その傾向はますます顕著になっているような気はするが、高度な教育を受ける機会があるなら、それにトライするのも一つの道だろうと思う。

  • サピックスも鉄緑会も行ったことはないけれど、塾の名前として聞いたことがあった。

    中学の時、高校受験で聞いたことのある有名高校の生徒は、やはり通っているのか、というのが一番の感想。

    東大にギリギリで入るのではなく、余裕を持って入る、というのは一見魅力的だ。しかし、せっかく中学受験を終えても、中学生から鉄緑会で勉強に追われるのはいかがなものかな、と思った

全2件中 1 - 2件を表示

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)のその他の作品

おおたとしまさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする