光の庭 [Kindle]

著者 :
  • 光文社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (213ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネット依存の姿や 見栄の張り方など
    女くささがリアルに書かれていて
    読んでいて ちょっと どきっとしてしまいます
    後味がすっきりとはしませんが
    最後は みんな一皮むけたのかな・・・
    少なくとも 三千花の孤独への
    花向けにはなったと思います

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

吉川トリコ(よしかわ とりこ)
1977年静岡県浜松市生まれの小説家。現在は名古屋市在住。
2004年「ねむりひめ」で「女による女のためのR-18文学賞」大賞・読者賞を受賞。受賞作を含む『しゃぼん』でデビュー。2007年、『グッモーエビアン!』を原作に東海テレビで『なごや寿ロックンロール〜「グッモーエビアン!」より〜』としてドラマ化、2012年映画化。2007年、『戦場のガールズライフ』がドラマ化された。
その他代表作として、『ミドリのミ』『少女病』『マリー・アントワネットの日記』がある。

光の庭のその他の作品

光の庭 単行本 光の庭 吉川トリコ

吉川トリコの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

光の庭を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする