柳下毅一郎の特殊な本棚 [Kindle]

著者 :
  • 本の雑誌社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (157ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  本の雑誌の連載で欠かさず読んでいた、一風変わった本を毎回紹介するエッセイ。
     柳下氏には翻訳家・映画評論家などさまざまな顔があるが、この連載は犯罪研究家(twitterではcrime buffと書かれている)としての面が強く出ていて、各地の犯罪記録だとか犯罪者による著書だとか被害者の著書だとか殺人ファンジン(!)といった本が基本的には多いのだが、その独特な切り口で人間の不可思議さを感じさせるエピソードが汲み取られていくところが本書の醍醐味である。さらにはけったいな「史上最低」の称号を持つミステリー作家スティーヴン・キーラーの紹介(なんと4回連続!)、異常に詳細な記録を誇るハイジャック本、どこがエロなのかさっぱりわからない北方艶征譚などなど分類不能な本が入り込むのが著者らしい。とにかく犯罪者を含め何かに取りつかれ「手段と目的がすり替わったような」(「完全網羅ハイジャック全史」の項)人々の姿が強く印象に残る。あと最後のアメリカの犯罪ノンフィクションの項はウルフ『ピース』なんとなく連想させる。

全1件中 1 - 1件を表示

柳下毅一郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

柳下毅一郎の特殊な本棚を本棚に登録しているひと

ツイートする