電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり (講談社+α文庫) [Kindle]

  • 講談社
2.80
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (110ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は大事にしても、しすぎることはないヽ(≧▽≦)ノ
    人を大切にしよう(*´∇`*)

  • おもしろくて、そんな気配りまでするのか!ってこともあったけれど、半数(以上)は(実行できているかは別として)きにしていることでした。。。

  • 普通の内容。
    接待やゴルフはしたことがないから解らないけれど、普通の仕事の気遣いの範囲かと。

  • まじで気配りが鬼。
    オモロイネタは常に持つべき。

  • こーゆー本をバイブルだと言ってオススメする部長ってどうなんだろう。書いてあることには賛同できる箇所もあるが、プレゼンテーションが下品。金を取って売る本ではない。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

広告業界を舞台にした『気まぐれコンセプト』でデビュー。
時代の空気を鮮やかに切り取る手腕にすぐれたクリエーター集団。著作の少ないことで知られ、『気まぐれコンセプト(1984年)『見栄講座 ―ミーハーのための戦略と展開―』 (1983年)『OTV』 (1985年)『極楽スキー』 (1987年)
『東京いい店やれる店』 (1994年) 『気まぐれコンセプト クロニクル』 (2007年)で小学館漫画賞特別賞受賞。『私をスキーに連れてって』『彼女が水着にきがえたら』『バブルへGO!』などの映画でも知られる。

「2016年 『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり (講談社+α文庫)のその他の作品

ホイチョイ・プロダクションズの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする