断片的なものの社会学 [Kindle]

著者 :
  • 朝日出版社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (145ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • びっくりするくらい面白かった。エッセイ…なのだろうか?
    作者が経験してきたさまざまなこと、意味がないのになぜだか心に留まっているものたちが「断片的」に語られている。

    人は物語が好きだし、筋の通った話をしたがるけれど、私たちの生活の大半は「意味のないこと」で占められている。そしてなぜだか、どうということのない風景や、些細な一言が記憶に残っていたりする。「なんてことのない日だった」と思っても、何も起こらなかった日など1日もない。なんだか、人生の途方もなさを垣間見たような気持ちになった。

全1件中 1 - 1件を表示

断片的なものの社会学のその他の作品

断片的なものの社会学 単行本(ソフトカバー) 断片的なものの社会学 岸政彦

岸政彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木大介
トマ・ピケティ
遠藤 周作
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
村上 春樹
仲谷 正史
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

断片的なものの社会学はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする