老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF) [Kindle]

制作 : 内田 昌之 
  • 早川書房 (2007年2月28日発売)
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (281ページ)

老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 老兵がオンボロな身体に鞭打ってエイリアンと死闘を繰り広げ……られるはずもない。
    その方面に進んでいたとしても、それはそれで面白かっただろうとは思うけれど。
    確かに「宇宙の戦士」と似た空気はあったけれど、老人が新兵になるというアイデアや、所々で笑わせにかかる点などは、こちらのほうが好み。
    しかし、ハードSFかと思えば結局は死と時を超えたラブストーリーでした、ごちそうさま。

  • 75才以上の年寄りを集めた軍隊、という発想が面白い。現役を引退したあとのセカンドライフとして、コロニー防衛軍でエイリアンと戦う人たちの物語。

    が、それ以外は実にオーソドックスな戦争SF。
    宇宙に進出した人類が各地で出会う知的もしくは原始的生命体。
    友好な種族もあれば好戦的な種族もある。いろいろな姿形をした生命体とのファーストコンタクトストーリーとしても楽しめる。

    あまりにオーソドックスすぎて、こんなもんかな、という感想だな。
    面白いけれど。

  • 時折挟まれるジョークが軽快で面白く、訳も柔らかくて、活字が苦手な私でもすらすらと読めた。
    海外小説でSFでこんなにすんなりと頭に入ったのは、自分には珍しい。
    それくらい読み易かった。

    物語の方はというと、おじいちゃんおばあちゃんしか入隊が許されないコロニー防衛軍というところから既に設定が面白く。
    しかしvs.エイリアンとはいえ、戦争物は戦争物なので、中盤過ぎると、あぁ…な箇所も多い。
    全てを知っていたら、自分だったら入隊…するかなあ?しないかもなあ?と考えてみたり。

    面白かったので、続編も読みたい。

全3件中 1 - 3件を表示

老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF)のその他の作品

老人と宇宙(そら) (ハヤカワ文庫SF) 文庫 老人と宇宙(そら) (ハヤカワ文庫SF) ジョン・スコルジー

ジョン・スコルジーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

老人と宇宙 (ハヤカワ文庫SF)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする